腹満(おなかの張り)

お腹を脹ることを「腹満(ふくまん)」と指す。

原因は大きく分けて、「消化器の活動低下」か「胃腸に熱が鬱滞する」ことが考えられる。

消化器の活動低下によるものは、下痢し、温めることで楽になる。

それに対して胃腸に熱が鬱滞するケースではさすることを嫌がるといった特徴がみられる。

詳細は以下の通り。まずは「消化器の活動低下」によるものから述べる。

 

@寒湿阻滞による腹満
冷えにより消化器の機能低下が生じたもの。寒冷な気候が体内に悪さをする・長期間多湿な環境に身を置く・身体を冷やすものの過食などが原因となる。身体の内外からの冷えにより消化器の機能が低下し、腹満が生じる。
(特徴)
お腹をさすってもお腹の張りは変わらない・温めると軽減する

(身体症状)
食欲不振・吐き気・嘔吐・下痢・お腹の痛み・口が乾くが飲み物を欲しないなど。

A脾胃虚寒による腹満
冷えにより消化器の活動低下が生じたもの。もともと消化器が弱い体質であること・なま物や冷たいものを食べすぎ・体を冷やす性質を有する食材の食べ過ぎ・大病や長期間続く疾病が原因となる。消化器の低下しさらに冷えが生じてしまったことで腹満が生じる。
(特徴)

温かい飲み物や食べ物を口にすることで軽減する。温めるたりさすることで楽になる。

(身体症状)
心身の倦怠感・消化不良・内臓下垂など

 

B傷食停滞による腹満

暴飲暴食をすることが主な原因となる。飲食物が消化されず胃の中に留まった結果、腹満が生じる。
(特徴)

脹満感や脹痛を伴う腹部膨満感。
(身体症状)

酸腐臭のするゲップが出る・食事の臭いを嗅ぐのも嫌になる・卵のようなにおいの下痢が出るなど。

 

次に「胃腸に熱が鬱滞する」ことが考えられる。

C脾胃湿熱による腹満

高温多湿な環境・油濃いもの味の濃いものの食べ過ぎ・飲酒過多が原因。消化機能の低下もみられるが胃腸に余剰水分や熱を生む。結果、腹満が生じる。
(特徴)

腹部を押されると苦しい
(身体症状)

口が乾くが多くを飲みたがらない・時折汗が出る・下痢・小便の量は少なく色は濃いなど。

 

D実熱内結による腹満
発熱などにより生じた体内の熱が胃腸に影響を及ぼすことが原因になる。主に大腸が阻害され食塊(ここでは便を指す)を輸送する力の停滞が見られる。同じく食塊(飲食物)を輸送する役割を担う胃に胃腸にも熱や停滞が生じた結果、腹満が出現する。
(特徴)

腹満は継続する・腹部は硬く張って痛む

(身体症状)

便秘・手足の汗・ひどい場合には午後の発熱など。

スタッフ 杉本


※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。