倦怠感について

今回は、「全身倦怠感」について東洋医学的に解説をしていきたいと思う。

中医書には「疲乏」という表記で記載されており、身体・精神ともに消耗して疲れているような状況を指す。精神的疲労や四肢、全身の無力感や脱力感を伴うものが多い。色々な疾患に付随するが、程度は疾患により様々である。

原因は以下、3つの原因に大きく分けられる。エネルギーの消耗や不足を想起されるものが多い。


@暑熱傷気による倦怠感
夏の暑い時期に多く見られる。暑さは体内に侵入し、発汗により身体のエネルギー物質や潤い物質などを消耗させるため、全身倦怠感が出現する。

(特徴)全身倦怠感

(身体症状)熱症状・エネルギー不足症状が特徴。具体的には、ボソボソと小声で話す・体は熱く汗が出る・口が乾く・食が細い・下痢など。

 

A脾虚湿困による倦怠感

消化器の機能低下により飲食物から得たエネルギー・栄養を取り込む能力が低下することが原因となる。飲食不摂生を中心に働きすぎや考えすぎは消化器の機能低下を招く。これにより取り込んだエネルギー・栄養を身体各部へ運搬する力が弱まる。その結果、全身や四肢の倦怠感が生じる。

(特徴)全身倦怠感に体の重だるさが伴う・疲労によりさらに悪化
(随伴症状)四肢の重だるさ・口が苦く乾く・下痢・食欲減退・胸腹部の張り・小便の量の減少など。

B気血両虚による疲労倦怠感

元来の虚弱体質、・長期間病気を患うことが原因となる。全身に保有している身体のエネルギー・栄養物質が少ないこと・消耗してしまったことから倦怠感が生じる。
(特徴)全身倦怠感・精神や肉体の疲労とともに悪化
(身体症状)息切れ・眩暈・不眠・汗が出る・動悸・顔色が彩がない・唇や舌、爪の色が淡いなど。

 

体質改善も鍼灸治療の得意分野です。お悩みの方はぜひ当院まで一度ご相談ください。

 

スタッフ 杉本

脇から汗が出る

しっかり湯舟に入った後、ごみ捨てがてらに肌寒い外へ薄着で出て、フワッとする感覚になるのが

最近癖になっている研修生の大久保です。

サウナ界では「ととのう」という言葉があるのですが、こんな感じなのかなぁと思っています。

 

さて、汗シリーズ第四弾ですね!東洋医学は本当に一つの症状に対して色々な角度から治療方法や

原因を見つけ出しているんだなと驚きます。

 

@肝胆湿熱タイプ

 症状 :粘り気と臭いのある汗 食欲はあるが食べなくてもいい 口が苦い 身体が重く倦怠感

     喉が渇くが飲みたくはない 色が濃く少ない小便 舌の苔が黄色い

A肝陰虚タイプ

 症状 :少なくサラサラして臭いの無い汗 夢を多く見る 胸に熱感があり眠れない 顔色が悪い

     力が入らず眩暈がする 午後に火照ったり手足の裏や胸に熱感がある 舌の苔は少ない

 

前回「手足の汗」では脾と胃が関係していましたが、今回は肝と胆が関係しているようですね。

今回の2つのタイプはどちらも肝陰、精血などが損傷されたり、湿熱が体内にうっ滞する事で

肝と胆の経絡が流れる脇周辺に症状が出るようです。

 

また、この2つの症状の治療法として牡蠣の殻を粉にし、塗るのが良いとされていました。

なんだか制汗シートもここから考えられているのかなと思いました。

 

それと…これは本当に蛇足なのですが、生でも焼いても美味しい牡蠣という言葉ですが、これは

「牡蠣の殻」を差す言葉のようです。身の部分は「牡蠣肉(ぼれいにく)」と言うそうです。

 

 

研修生 大久保昌哉

 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。