陰虚証@

先日手動のみじん切りマシンを買って、色々なものをみじん切りしている研修生の大久保です。

餃子とコールスローとキーマカレー作ってみました!

 

さて、以前に陰虚証治療のお話をしたのですが、今回は「陰虚証とは何か」について少し深めに

ご紹介したいと思います。

 

・陰虚証とは

『陰液や精血が不足した状態を表す』です。

 

陰液?精血?ですよね。ざっくり言いますと、

陰液 →人体にある水分や腎の中にある陰精のこと。

精血 →精気と血液のこと。

 

陰精?精気? …一つ調べるとまた一つ謎が出てくる(笑)

さらにざっくり言いますと、身体の中の体液や血液。つまり、水分が不足した状態の事を

『陰虚証』といいます。

 

・症状は

手足のほてり・微熱・午後に増減する熱・口や喉の乾燥・痩せる・寝汗・黄色い尿・眩暈・かすみ目

不眠・夢をよく見る・動悸

・重症化すると

落ち着かない・怒りっぽくなる・頬がチークを塗ったように紅い・咽頭痛・性欲亢進・頭痛

口の中が苦い・空咳で痰に血が混ざる事がある・便秘

 

などになります。日常生活でそこまで困らない症状が多いので、一見見落とされがちですが、

治療方針を決める重要な手がかりです。

 

上記の症状で「何となく不調」とお困りの方は一度ご相談ください。

次回は陰虚証になるメカニズムを詳しく解説していきたいと思います。

 

研修生 大久保昌哉

 

チョッパー.jpg

 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載のない症状》に収められています。