お休みってシンプル日

2021/2

久々の三連休でした。しかも春節。

とはいえ鍼灸学校の授業や会計士さんとの打ち合わせなどもあり、一日中お休みなどという贅沢は日はありませんが💦💦💦

 

お休みは東洋医学的には「気血の回復日」と定義してよいでしょう。

肉体疲労が溜まった状態なら気を補い、精神の緊迫状態が強かったなら精神的リフレッシュを図りましょう。

とくに現代では肉体疲労より、心が騒がしい時代です。いくつもの顔を使い分けながら忙しく動き回る人が多数います。

TVやNETを野放しにするとどんどん余分な情報が入り心を重くすることもになります。

ビジネスの世界でも昔ほど単純ではなくなりました。「いいものは売れる」という黄金の法則は変わりようがありませんが、売り方、出し方、価格など時代とのマッツチングを無視すると頭出しにえらく時間を要したりします。要はひと昔前より考えること、決断することがとても増えたように思うのです。

 

《お祭りも少なくなってきました》

お祭りとは非日常的な何かです。旅行、外食、趣味などがこれに相当します。コロナ禍の中で確実にこういうお祭り的な行動が制限されています。

 

《シンプル生活のすすめ》

なるべくに仕事、家事、世間の情報から距離を置き、語感に栄養を与えます。読書、音楽、太極拳、ヨーガ、絵画など。眼を10分つぶるだけでもかなりリラックスできます。

うちは都内の割に、近くに神社仏閣が多いので緑を眺めるようにしています(ブラブラ散歩)。

入浴中で電気を消すというやり方も効果的です(瞑想入浴※造語💦)。

この視点で鍼灸治療やマッサージを受けられる方もおられます。

 

●日頃の思考を外す→できるだけ頭を殻にする→五官を味わうという順になるでしょう。

 

考えるより慣れろという言葉もありますから、ぜひお試し下さい。

 

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《院長の呟き》に収められています。

 

 

 

 

 

 

味覚の異常D「口甜」

味覚の異常について書いてきたが、「甘さ」を自覚するケースもあるらしい。

中医書には「口甜(こうてん)」と記載されている。

自身の経験を振り返ってもなかなか「甘さ」を感じることはないが、糖尿病患者や風邪症状の患った人にみられることがあるらしい。

以下、解説を行ってみたいと思う。

 

●口甜(こうてん)とは?

口甜(こうてん)とは、口内に甘味を自覚することである。口甘という。
古典上「脾疸(ひたん)」という記載があるが、脾疸は病名である。

甘いものを食べ過ぎて消化器に熱が生じ、熱が口まで上昇することで口の中が甘くネバネバする状態を指す。つまり口甜は脾疸の症状の一つなのである。

以下、解説に移る。脾胃の損傷によるものだが、「実熱」「虚熱」の違いがある。

@脾胃熱蒸口甜(ひいねつじょう)
辛い・脂濃い・甘いもののを過食は体内に熱を生じさせる。生じた熱が上に昇ることで口甜を生じさせる。
その他、高温多湿の環境が消化器に余剰水分や熱を生じさせ飲食物のエネルギーとともに上蒸することでも発生する。

口の中が甘い・口が乾き飲み物を欲する・多食・すぐお腹がすく・唇や下にできものが生じる・大便が乾燥などの身体症状を伴う。


A脾胃気陰両虚口甜(ひいきいんりょうきょ)
老化・長期間病気を患うことで脾胃(消化器)の機能減退が生じる。潤い物質の消耗は熱を生じさせ、消化器の水分は更に消耗した結果、口甜が発生する。

 口が甘い・飲食物を欲さない・口が乾き飲み物がほしいが多くは入らない・精神疲労・腹部の張り感などの身体症状を伴う。

 

スタッフ 杉本

 

 ※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載にない症状》に収められています。