舌が別人のように

2021/2

 

最近見た方のお話。

伝統医学では舌診といって舌の大きさ、色、苔の状態なども参考に病理状態を分析するのが常です。

この方の舌は中央列紋を境に片方が白い苔で覆われており、もう片方は苔がなく乾いて真っ赤な舌でした。

 

つまり中央を境に左右が全く違う舌です。まるで左右で別人のような感覚を抱きました。

長く臨床をやってますが、ここまではっきり分かれるケースは初めてでしょう。

 

主訴は「口の苦み」で真っ赤な方のみ苦みを感じます。

通常は口の苦みは熱邪で起こります。多いの肝の熱か少陽病。

肝の熱は他の症状から察することが出来ましたが、わからないことはここから👇


熱なら温かいものを(例えば温かい茶など)飲んだら苦みが増し、冷たいもの(例えばお水)なら熱を冷やすわけですから、苦みは減弱するでしょう。

実際はこの逆になっています。

冷たいものの方が苦みを感じます。


味覚(苦み)は冷たい方がわかりやすいという特徴でもあるのでしょうか?

たしかにはなまるうどんでぶっかけ・冷・中をお願いすると温・中より味の濃さが際立ちますが・・・・(少し違う・・・)


こういう矛盾は臨床の中ではよく出てきます。

それゆえにこの解決のため、勉強しなければなりません。

いつまで経ってもこれ良いとはならないのが臨床なのでしょう。


ありがとうございました。


image0.png


※新着時期を過ぎると左サイドバー《臨床のお話》に収められています。