子宮に関わるツボ@

2020/1

 

先週、少し時間に余裕が出来たので10数冊の書籍をひっくり返しながら、定位が子宮にあるツボを探してみました。

定位とは、そのツボが体のどこに効くかということですから、ここでは子宮にダイレクトに効くという意味になります。

 

三陰交、関元、地機などなど・・・18穴ほど見つかりました。

もちろん子宮と関わる臓器まで広げると50穴でも足りないでしょう(*`艸´)ウシシシ💦

 

その18穴の効能をさらに別の書籍に調べると「子宮を温める」「子宮の気を流す」「子宮の気を固める」「子宮の熱を下げる」「子宮の気の不足を補う」などとありました。

その中には僕が日常使わないツボもあります。

たとえば崑崙というツボ、足の外踝(くるぶし)とアキレス腱の間にあります。

「子宮の気を流す」効果とあります。

 

では今度は歴代の主治症を見てみましょう。

つまりどんな症状に使っていたかを調べてみたわけです。

子宮に関わる症状では圧倒的に多かったのは難産でした。次が後産(胎盤の排出)です。後は血塊(月経血が塊状になる)を出すなどでした。

👇👇👇

ここからわかることは一つです。

つまり崑崙は子宮が強い収縮が必要な時に、その収縮力を上げる効果があるということです。

強く収縮を促して、出産までもってゆく、胎盤も排出する、生理中なら血の塊を出し切るということですね。

 

不必要な血が体内に残せば、それはもう血オになって下さいと言っているようなものなのです。

それもあってか昔の書籍を読むと血オをオ血という、「汚血」という字をあてたものまであります。

血オを作らないためにも崑崙はとても大事なツボということです。

僕が不妊症の患者さんに再三再四足首を回してねー、と強調するのはこういう意味があるわけです???[???i?????????j(崑崙は足首にある)。

 

image0.png

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《不妊症(雑話、症例、内膜症、筋腫、その他)》に収められています。

お灸の性質

今の時期、電車で座る場所を間違えると凍える事を学習した大久保です。換気のため窓を開けているので、

入ってくる風の向きも考えなきゃいけませんね!

 

さて、私が訪問治療している患者様で主訴四肢知覚異常。他にお困りの事が無いか聞いてみると、

目眩耳鳴り聴力低下・足腰に力が入らない動悸不眠寝汗夜間頻尿の症状をお持ちの方が

いらっしゃいます。

 

症状が現れた時期など色々とお話しを聞いて、まずは肝腎の陰液不足を補おう』との考えに至り、

半年ほど鍼治療を行ったのですが思うような治療効果が上がらないと悩んでいた去年の10月。

ご出身の鹿児島ではお灸が盛んで、ご自身も小さい頃によく据えられていたのでここでもできないかとの

ご相談を頂きました。

 

お灸の性質は「流す」というイメージが強いので、「陰液を補う」治療を続けたいと思いつつご希望通り

お灸を今ままで鍼をしていたツボに据えてみと、今までで一番調子が良く感じるとのこと。3ヶ月程経った

今では動悸以外の症状は時々しか出ないとのことでした。

 

この結果は私の鍼操作の技量不足なのか。患者様の体質に合っていたのか。はたまたお灸の性質を考え直さ

なければなのか

この嬉しい誤算必然に変えれるように、もっと勉強しなければと思いつつ、貴重な経験を

させて頂いた患者様に感謝の気持ちでいっぱいな週末でした。

 

 

研修生 大久保昌哉

勉強こたあず.jpg

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《臨床のお話》に収められています。

陰部神経痛の伝統医学的病理観

2020/1

陰部神経痛は肛門診において陰部神経痛の腫脹を以て確定診断とする。

その病理は、お伝統医学的に見て患部病理においては血オ〜血オ熱化が主体となる。

熱のレベルに勢いがあると自発痛、放散痛が現れる。このおりの放散痛を上焦ベクトルを描く。

ただこの血オはロキソニン、リリカなどの鎮痛剤が効きにくいという特徴が現れる。

炭酸マグネシウム剤などで便秘を改善したほうが楽だという方がいる。これは便秘で直腸内が常日頃から拡張されていることが痛みの増悪因子になる可能性を示唆する。

また抗うつ剤が効くという人も多数いる。特段うつ病傾向があるというわけではなく、痛みの閾値を下げるということではないだろうか?あるいは陰部神経と交感神経の連絡性のなせる業かもしれない。

 

患部の血オの成因は種々あるが、よく見るケースは腎陰の不足から腸内の液体成分が枯渇し、熱が生じ、その熱により陰部神経の腫脹を表すケースである。そこになかなか診断名がつかない苛立ちや、夜中の痛みなどが加わり、さらに状態を悪くする。

 

また、増悪因子としてほとんどの方が物理的圧迫を挙げる。長時間の座でも生活、固い椅子などで増悪する。また、椅子と肛門部(骨盤部)の角度も重要である。よってこの辺りでの日常的工夫を考えてもらいたい。

治療は患部(肛門部付近)の鍼が良く効くのだが、羞恥心の強い場所であるのであえて避けながら、腹部、仙骨部および臀部、手足の経穴を用いてゆく。

一筋縄でいかない疾患であるが、徐々に痛みのレベルは低くなってゆくことが多い。

 

image0.png

 

新着時期を過ぎると左サイドバー《陰部神経痛》に収められています。