尿の切れが悪い・残尿感

「排尿」ひとつ着目しても体の色々な情報が得ることができます。

今回は「尿の切れがわるい・残尿感(尿後余歴)」について解説を行っていきたいと思います。

 

「小便の切れが悪い」・「排尿が終わったあとにも尿が点滴する状態」を「尿後余瀝」という。

「尿が点滴する」という状況は「小便失禁」と共通している。

ただ「小便失禁」は排尿を自制できずに漏らしてしまう状態である。

対して「尿後余瀝」は排尿自体は自制できるが、排尿後に点滴する状態を指している。

 

 

◆腎虚による尿後余瀝(高齢の方に多い)
膀胱内にある尿は五臓六腑の気の作用によって膀胱内にとどまることが出来ている。加齢・長い間病気を患うこと・産後の消耗などが原因となって腎の損傷されることで排尿コントロールができなくなるために尿後余瀝となる。

(主な症状)頻尿・尿の色は薄く透明・尿量は多い。
(その他の症状)膝腰の重だるさ・四肢の冷え低下、耳鳴りなど。
 

 

◇中気下陥による尿後余瀝(働き世代に多い)
飲食の不摂生などにより消化器にダメージが生じる。東洋医学上の消化器(脾胃)の役割として内臓の位置をその場にとどめておく作用を有している。消化器が損傷することで昇挙無力が生じ、膀胱を約束できないことによって尿後余瀝となる。

 
(主な症状)尿色は透明で薄い・排尿後にポタポタと出る・疲れにより生じやすい
その他の症状精神疲労・食欲不振・下痢・内臓下垂など。

 

◇膀胱湿熱による尿後余瀝(飲食不摂生の方に多い)
飲食物は尿や便として体外へ排出される。味の濃いもの・アルコールの過剰摂取は体内に湿熱を生じさせる。この湿熱が消化器から膀胱に移動した結果、膀胱の排尿コントロールの機能が失調されることによって尿後余瀝が生じる

(主な症状)回数頻回。尿色は黄色く濁っている・尿や尿道の灼熱感をともなうことも。
(その他の症状)口が渇く、身体のほてりなど。

 

年末年始。自宅の清掃も終えたのですこし時間を見つけて勉学に励みたいと思います。

本年も引き続き精進していきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

スタッフ 杉本

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《上記に記載にない症状》に収められています。

心の衰えは鬱になる?

2021/1

鍼灸学校では「人の精神・感情は五臓それぞれが受け持ち、それを統合するのは心(シン)である」と習います(すごく大雑把ですが・・・?????`?i???_???????j

その心の総合作用の中心に位置するのが心にある神(シン)です。これを「心は神明を主る」といいます。

その他、心には火性傾向五志として喜(キ)の性質を有します。


そこで心(シン)が充実しているとは「気力の充実・頭脳明晰(心(シン)の働き)、情熱的・積極的(適度な火性)、陽気、楽天的、屈託がない(五志の喜)」のような心理的特徴が現れやすくなるわけです。

 

私たち鍼灸の臨床家は何かしらの精神疾患の患者さんと対峙したとき、その病証が心(シン)と絡むかと考える際は、上記のような心理作用著しく減退するなり、病理的に亢進していないかを考えることになります。

 

心の減退

具体的には神の減退で勇気が持てずに消極的になる、それが高じると強い不安感、気力がないなどが現れます。喜という感情の減退なら全く楽しくないため、表情が乏しくなるでしょう。また火性を失うと寡黙、動きたくない(動けない)となります。今でいう鬱病に非常に近いですね。

 

では亢進しすぎるとどうでしょうか?

これはまず神のお祭り状態のようなもので、火性も喜もお祭りに参加しているような感じでしょう。異常にはしゃぎ、じっとしていられない、話がどんどん飛ぶようになります。まるで今の躁病や統合失調のような症状を現しますね。

 

心を保っているかどうかのリトマス紙

自分自身の心の状態って意外とわからないものです。

先の気力の充実・頭脳明晰、情熱的・積極的、陽気、楽天的、屈託がない人あるいはそういう状態のときなどはそうそうにないでしょう。

僕とて元より心の火性、五志の喜が少ないので、陰気で、心配性、おまけに屈折しているわけです(*`艸´)ウシシシ💦(本人は病的レベルではない思っていますexclamation&question💦💦💦)


僕が自分自身の心が今どうような状態か、パワー不足か充実レベルか、あるいは心が成長しているかを測る指標にしていることがあります。

それはこの文言です。

《一定程度の質量の精神刺激に対して感情の起伏が起きない》がそれです。


とても嫌なことがあったり、強いストレスが感じたときに自分の感情がどう動くかを見ています。

たとえば昔なら、ちょっとした言い争いやケンカ程度でも不安になり眠れなくなったりしていました。今だとこういう風に気持ちが落ち込むことはありません。仮に落ち込んだとしても長続きはしなくなりました。

もちろん大事な方の不幸に出会ったりしたら感情が乱れるのは当然の反応といえますから、こういうは抜きますね。

感情の起伏を俯瞰すればその人の今の心(シン)のレベル掴めるようになってきます。

治療レベルでは肝の助けを借りながら調節していくことが多いのですが、それはまた機会があればお話しします。


image0.png

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《神経症/鬱/自律神経失調症など》に収められています。