当時はこんなことでも悩んでいました💦

2020/12

9年前の症例です。

当時はこんな程度のことでも悩んでいたのです。

?Eホ?????Eホ?????Eホ????

極めて診断が難しい症例でした。

主訴は急性の右下腹部痛。

針で刺されたような激痛です。

その回りに放散痛があり、上下背中に走ります。

ガスが出ると少しだけ楽になります。


ここまでなら学生でもわかります。

血オ気滞です。


ただ・・・・

脈は虚弱でやや細数。

体をくの字にすると、すこしだけ軽減・・・

押してみても拒按はありません。

通常なら腎虚血オか気虚血オなどの虚実挟雑と考えますが、


。。。。。少し違うような。。。。。


現実に、虚実挟雑型の急性腹痛処理の治療がほとんど無効・・・


師匠が昔。。。

「ひとつの否定は10の肯定より重い」と。。。。


答えは(卵巣か大腸の)陰虚です。

陰虚の顔のひとつは津液が消耗し硬くなること。

そこに何かが通過すると、無理に伸ばされたり、

擦れて一過性の血オ様症状をあらわします。

ここまでくると大腸の陰虚(津液不足)です。


ひたすら足の裏を揉みます。

10分、20分、痛みが徐々に引いてきました。

「よし!!」ー治りました💦💦💦


原因となる病理と目下の病理を仕分けすることが大事だ、という教訓を頂きました。

ありがとうございました。


image0.png

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《臨床のお話》に収められています。