切迫流産を回避

2020/11

この臨床例は年に数回しかできないケースである。

知力と技術がスパークした時しかできない。

今ケースでは妊娠中期を超えるあたりから頸管が3p以下になる。

張り止めで何とか小康状態を保ってはいたが、33週あたりから入院レベルに相当する2.1pまで縮む。

ここからが技術。

陽陵泉で鼠径部に響かせる。帰来の補法を掛け中を締める。後は中間カンのお灸。

次回検診時にまでに2pを下回ると入院。

その間治療できる回数は2回。

 

結果は2.9pまで戻る。

一度縮んだ頸管は戻らいという説もある。

ゴムのように伸び縮みするという説もある。

いづれせよ、強くはないだろうからいつ入院でもおかしくはないが・・・

3,4mm戻ったケースは何例もあるが、正直ここまでの回復は予想外。

本当に良かった。

こういう疾患を一介の鍼灸師に任せてくれた患者さんに感謝する。

本当に決めたいときの治療は、その病理により変わるが、だいたいはシンプルになる傾向がある。

 

※新着時期を過ぎると左サイドバー《不妊症(雑話、症例、内膜症、その他)》に収められています。