量が質に転化する

2020/5

毎日ルーティーンことでも丁寧にコツコツと続けることが大事だと思っています。

そのうち質に転化します。

5、6年前に日本中医学会で実技講師を頼まれた時のことです。

実に僕は極度のあがり症で人前の講演は大の苦手。

なんだかんだとやらなければならない立場にありましたので、昔よりできるようになりました。

でも鬼門がひとつありました。

階段式?すり鉢状のホールはダメ。

緊張度が百倍高くなります????????

この日もそんなホール。

会場に入ると10年ぶりに北京の友人に再会

いやーびっくり仰天です。

彼女が日本に来ていることも知らなかったので、懐かしさのあまり出番を忘れてずっとしゃべっていました。

時間になったようで呼ばれて壇上にあがりますと、何かが足りない????

レジメを椅子の上に置いたまま壇上に💦💦💦

取りに戻る勇気はありません。

あまりのアホさを笑うしかありません。

この事件を契機に大ホール(階段式ホール)での講演のコツを掴むとまでいかないけれど、過度な緊張はなくなりました。

開き直りきったのでしょう(*`艸´)ウシシシ

 

「毎日のルーティーン」をしっかり 

 👇

「事件」

 👇

「質の変容」だと僕は考えています。


DSC05197.JPG

 

 

 





感情と思考は握手する

2020/5

新型コロナウイルスの猛威が未だ続いております。

未知のものへの恐怖。

長引く自粛。

忍び寄る大不況。

三密に気を付けながらの生活。

 

ほとんどの人が今まで以上にストレスを抱えています。

そんな中でも、個々の見るとストレスを減らしている方もおります。

 

代表がテレワークを余儀なくされている方。

内心ほっとしている方もそれなりにおられます。

 

体は正直です。

口で何と言おうが、以前からあったストレスでよくあらわれる弦脈が消えています???i?p?[?j

思うに元々通勤のストレス、職場の人間関係のストレスなどで生活に負荷がかかっていたのでしょう。

「人間万事塞翁が馬」、ニューライフにすっかり適応されています。

人には思うと考える、つまり感情と思考がありますね。

感情が楽しい、気持ち良いと感じたら、思考がそれを邪魔しないことが肝要です。

「この非常時に楽しいなんて不謹慎な」などと考えないでくださいね。

感情と思考はいつも握手する。

これがいいのです。

 

この中で頑張ってくださって有難い

2020/5

新コロナウィルスの脅威の中、来月までは当院では患者さんの減らして継続となっております。

通常時の7割減は厳しいのですが、もっと厳しい業種の方もおられ、泣きごとは申しません???[???i?????????j

こんな状況で4月、5月で3名の方が妊娠まで辿りつくことができました。

うちお二人が40を超えても諦めずに頑張ってくれていたので嬉しかったですね。

とくにお一人は2年以上継続しており、採卵のできない状態からの出発だったので本当に良かったです。

不妊治療の絶対数が減少している中ではかなりの確率ですが、これはもうおひとりおひとりの問題なので確率は何の意味も持ちません。

今後も東洋医学の立場から丁寧かつ的確な治療に心掛けたいと思っています。