自分自身誇れるもの

休日は時間があるのがいいのか悪いのかいろんなことを考えます。

自己紹介を兼ねて昔の話を少々。

 

見た目に反して、学生時代はスポーツに明け暮れていました。

小学校はソフトボールを、中学校から大学までは陸上競技を10年。

ソフトボールから陸上競技へ転向した理由としては、情けないことに自分の責任で負けてしまうことのあるチームスポーツから逃れたかったからでした。気の小ささは昔からのようです。

 

足が速かったことから中学より陸上競技に転向しました。

入学当初は人よりも足が速く、楽しく競技に励んでいました。

ただ学年を重ねることに周囲が自分よりも足が速くなっていきます。今思えば、早熟だったのでしょう。

 

競技が好きだったゆえ、誰よりも練習に励んだ記憶があります。

そして自分よりも練習時間の少ないのに自分よりも記録の良い人を見ては、「自分は才能がないのだな」と感じておりました。大学時代には、下から2〜3番目の順位のことも。

まったくもって大した選手になることなく競技人生を終えてしまったのですが、残った財産はたくさんあったと感じております。

 

一つ目は根性がついたこと。どれだけ練習しても、大成することはありませんでした。

ただどのようなハードワークも投げ出すことなく取り組む根性がついたと思ってます。

 

二つ目は周囲の人に恵まれたこと。懇意にしてくれる人たちに恵まれ、練習に誘っていただく、助言をいただく機会にたくさん恵まれました。才能なくとも競技が好きだったゆえ多くの人に恵まれたのかなと感じております。

おそらく周囲の人が懇意にしてくれたからこそ、才能がない自分の可能性にあきらめることなく競技を続けることが出来たのでしょう。

 

自分ひとりの力は大したことないです。ただたくさんの人に支えられるから一人ではできないことが出来るのだろうな思っています。周囲の人には常に感謝の気持ちを忘れずにいたいです。

 

知識も技術も経験も未熟ですが、唯一誇れる根性と恵まれた人間関係を武器に精進していきます!!!

 

__sozai__/0017006.jpg

 

 

主婦に鬱が多いの何故か?

専業主婦の方に比較的軽いうつ病の方が多いように思います。

(※これは日頃の臨床から感じることで、この手のビックデーターから割り出したものではありません)

 

骨折で自宅療養を余儀なくされ2週間。

この初めての体験から感じたことは達成感がないということです。

最初1週間は原稿書きがあったのでそれほど感じませんでしたが、後半1週間は達成感がない。

もちろん、動けないなりに食事や洗濯、掃除などルーティーンなことはこなします。

それでも今日はあれができた、これがやれたという感じが出てこないのです。

もちろん年代的なものも加味しなければなならないと思います。

若い頃は子供を育てなければという使命感があります。

様々な問題が出ては消えまた起こるという中で、無我夢中で対処している感があります。

子供も自立し精神的な余裕が芽生えると、楽しい、大変だった、生き生きしてたという感覚が失われ、達成感より喪失感が全面に出る感じです。

年代的にも更年期を迎えホルモンバランスの乱れから情緒不安定になり、さらなる喪失感を生む下地が形成されます。

人それぞれですが、使命感、達成感を失わないように趣味の世界、ボランティア活動、お仕事などを適時挟むことが肝要です。

とかくこのよう心持ちをちょっとでも感じたら外の世界に飛び出してみましょう。

親戚の僧侶はこの時期は第2の青春であり「熟春」と呼んでいます。

鍼灸では滋陰・養血のツボを中心に治療を組み立て、さらに補気(気を益す)・安神(精神を安定させる)をツボも加味します。

FullSizeRender (5).jpgさくら堂 扉.png