台風から推理できること

2014/10/13

先週に引き続き、今週も台風の週明けと

なってしまいました。

この時期、運動会や遠足などといった

子どもたちの行事があるご家庭もあることでしょう。

梅雨の時期や台風や雨の前になると、

どうしても身体の調子がよくない。身体がむくむ。

古傷がうずく。身体が重だるくって起き上がれない。

といった症状を訴える方がいらっしゃるかもしれません。

悪化する引き金の一つに気圧の関係はもちろんのこと

湿気の影響が絡んでいることも考えられます。

人間も動物でもあるので、自然界の影響を受けます。

体調がすぐれない、痛みが悪化するなど、

どんな気候の時にどのように痛むか?調子が悪くなるか?

一度、自分の身体を観察してみましょう。

改善する大きなヒントに繋がるかもしれません。


~院長より~

もう少し分解してみましょう。

梅雨時期と台風をわけて考えます。

梅雨時期で最も体に影響する誘因は湿度です。

台風なら気圧になります。ただし雨に濡れると湿度の影響が強くなります。

これを東洋医学に置く換えると、

梅雨は湿邪

台風は風邪となります。

そこで梅雨は体内で湿との親和性の強いカテゴリーである胃腸カテゴリーに変調をきたします。

ダイレクトに腹痛、下痢のほか、頭痛、首のだるさ、むくみ感などです。頭、首、肩などは重だるい感じになりますが、この重い、だるいが決め手になります。

台風は風ですから日頃から血流の悪い箇所が突然に痛むこともあります。そこで古傷が痛むとか昔やったむち打ちがの個所が突然痛み出すとか、いわば再発現象が送るわけです。


※梅雨時期前から胃腸を整える

※台風シーズンの前には古傷メンテとして十分なストレッチなどに心掛けましょう。長めの入浴も良いと思います。





黒板掲示に新たな仲間

先日スタッフから「あの紙ってもうなくなったの?」と言われました。

 

どうやら作成した「ツボの取り方」を指していたそう。

受付台の収納にコピーしたものを用意していたのですが、既になくなっていました。

 

「お帰りになる患者様が欲しそうな顔をされていたので渡そうと思っていた…」とのこと。

 

 

そこで、黒板掲示に新たな工夫を施してみました。

IMG_6081.jpg

 

どうでしょう?左下に新たな仲間を加えてみました。

患者様が自由に「ツボの取り方」をお持ち帰りできるように工夫をしてみました。

 

このような時代だからこそ、自宅でのセルフケアをお勧めしたいと思っております。

是非、資料を参考に取り組んでください!

 

IMG_6083_LI.jpg

 

 

 

靴選びも養生のうち

2015/4/19

昔、知人のスポーツトレーナーの方が教えてくれました。

『人が履いている靴の履き方や扱い方を見るだけで

その人の生活状況や身体の状態がわかる。』という。

決して、高級な靴が良いとか、安い靴が悪いというわけではないのです。

足は身体を支える重要な役割。一日、自分をサポートしてくれている身体。

歩き方や靴の使い方によって、靴底の減り方も違う。

減っている部分によって、脊柱・骨盤などの骨や内臓などの

身体のどこが具合が悪いかが繋がって見えてくるというわけなのです。

また履いている靴を丁寧に扱っているか、そうでないかによって、

その人が自分の身体をどこまで大切に意識しているかが

自然に見えてくるというのです。

そのことを知ってから、私は人の足元や靴を見ることが習慣になりました。

現在、治療院でも患者さんの靴をひそかに観察させて頂くこともあります。

症状と靴を関連性があることが多く感じています。


~院長より~

例えば靴底の外側だけがすり減る人。O脚だったりして体の側面に荷重が乗りやすい傾向を示します。それが片方のみなら、すり減る方の少陽胆経の過緊張状態や骨盤内のゆがみを形成します。

踵の後ろ部分から靴底が減る人もいます。体重が後ろに残しすぎです。手の振りが小さすぎるので慢性の肩こりになりやすく、この歩き方は腎の弱めやすい傾向にあり、慢性腰痛もあらわれやすくなります、などなど。

靴選びも重要です。


1、履き心地がよい

2、長時間の歩行で疲れにくい

 3、足首が容易に返せる(踵から着地して指先の裏から離れることが容易にできる形状、素材のもの)

4、できれば軽いもの

以上4点に留意します。


  

 

中立思考は難しい

2020/5

よっぽど頭が悪くなければ、ある事象を左から見るのと右からみるのでは違ったように見えることは知っている。

でもそれを遂行できるかとなると、ほとんどの人ができないだろう。

とくに良くも悪くも気になる相手のことだったら尚更にできない。

気にしすぎるとは、集中しすぎていて俯瞰できないということ。

心にゆとりがなくなっているということ。

東洋医学なら肝の病理。

良い意味なら、好き過ぎてすべてが《あまたもえくぼ》で終わるだけだからまだかわいらしいかも。でも結婚詐欺はこれを利用するから気をつけよう。

ちょっとでも悪い印象をもった人、嫌いな人なら、その人のやることなすことはどう見えるのだろうか?

嫌いとは、どうも思っていない人より気にしている、心に留まっているということ。

色々な角度からその人のやることを解釈する余裕はないだろう。

挙句の果てに自分のシンパ(自分と違う意見を言わないと確信する人)の人に意見を尋ね、肯定され(するわぁ~)、ますます自分の解釈の正しさに入り込む。

こういう人の正義の解釈は実に怖いと感じることがある。

でも国家間から個人の付き合いまで、大半がこんな思考パターンで動いている。

それゆえ物の発達ほど、人の心は発達しないのだろう。

ギリシャ時代の一番のお金持ちより便利な生活をする現代人もソクラテスの思考を超える人はほぼいないということ。

一度・・・・・

相手と立場を置き換える。

今と真逆な思考をしてみる。

このふたつだけでも習慣化してみるとずいぶん違った風景にたどり着く。

自分もこうありたい(できてはいないのだ((´∀`))ケラケラ)。

大きな変化の時を大変という

2014/10/19

『も〜う!大変で!大変で!!』

という言葉を発しながら、

見るからに、とても本当に大変そうで

気持ちも大変そうな方がいらっしゃいます。

本当に大変なんだな〜と思い、

本人も辛そうに見えたりもします。

でも、よく考えてみると『大変』という字は

『大きな変化』と書きます。

そうです。

大変な時は大きな変わり目の時なのです。

大変。というと、ネガティブに捉えがちですが

大きな変化の時なので、ワクワクする時なのですね。


~院長より~

これは2014年10月に当時のスタッフである山口が書いたものです。

読み直していたら、昨今の世相がに合致するのであえてReentryしました。

新型コロナウイルスに関して1月半ばから中国の百度やウイチャットで情報を収集していました。

最初はPCR検査を積極的にしない日本政府の姿勢に疑問を感じましたが、免疫獲得者の壁を作り、医療崩壊だけを避けながら行くのだろと思い、博打のような政策だが、これもありかと納得したわけです。ただ、この間の医療崩壊防止の施策の遅さは気になってはいましたが・・・・・

肺炎から急に重症化する過程でかなりの方がサイドカインストームを起こすことから、免疫力が低下するというより、免疫のシステムの過剰作動が背後にあるのではと感じています。

慢性病があるということは体を守るシステムが高止まりしているものと考えられるからです。

よって罹患する否かには防御的免疫の低下は関与しているとしても、その後の重症化はこれによるケースが多いように思っています。あくまで専門家ではない一個人の私見です。

私見ゆえ確実性がない話なのでここで止めますが・・・・

このような免疫と関わることで罹患さらには重症化を引き起こすならば、心持ちというか気持ちの持ち方が思いのほか重要になってきます。

精神的な強いストレスは免疫機能を不安定させるからです。

手洗い、うがい、消毒、3密回避などを習慣化しつつも、できる範囲で明るく過ごしていただくことを望みます。

ワクワクとまではいきませんが、ドキドキ、イライラはは逆に罹患しやすくする可能性がないとはいえません。

煽りすぎのマスコミからはキモだけを抜き取り、後は家にいる今しかやれないことなどに思いを馳せ、元気を失わないことを切に願います。

僕も大きな怪我でスタッフに院を任せている状態でありますが、6月1日には万全の状態で復帰できるようリハビリ中です。

そのときには皆様と明るい会話ができるように体調を整えて参る所存であります。