急性胃炎

2016/6 臨床例 60代 男性、公務員。

数時間前から急性の胃の痛み。

食事との連動は薄い。

元より憩室のある方。

こういう時はまず痛みを取ることが優先される。

梁丘に反応がないので、裏内庭に灸。

滑肉門に反応、滑肉門と水平位の手陽明経のに刺鍼。

2時間で治まるだろう。

 

※裏内定

裏内庭.png

 

股関節痛

先月の臨床で、なぜか急性の股関節痛の患者さんが重なったことがありました。 

変形や先天性のものを除いては、普段そこまで重なることがなかったのに不思議だな〜と思いながら過ごしました。 

股関節痛を訴えていた方の共通していることは股関節を曲げる筋肉を酷使していたこと。 

フィットネス、ゴルフ、クライミング、重たい物を持ち上げるなど… 

受傷機転や患部の痛み方、背後にある臓腑の盛衰などを考えると一括りにはできない。それは、どの臨床でも同じですねー各々の状態は横に置いて共通の部分を話すと、長期に患部に負荷がかかったことで気血の循環を妨げられ患部の虚実が生まれてしまったこと。その状態が急性の痛みを発症させるベースを作られてしまったのではないだろうかと考えた。    (スタッフより)

※院長より

股関節痛はよく見る疾患です。原因は多種、先天性股関節脱臼から体重における比重のアンバランス、膝や足首代償性の痛み、あるいはその人の癖の中で負荷が掛かるなど・・・側弯症の場合や神経痛として股関節付近が痛むこともあります。肝、腎の調整を主体として治療し、寒邪の影響がないなどを考慮しながら進めていきます。

さくら堂.jpg
 

 

 

急性腹痛

2012/5

臨床例

この患者さんは、腹膜炎、腸閉塞などを繰り返す方。

腸内のオペ歴も数回あり、今回は急性発作で冷汗をかきながら来院。 

鍼灸院の場合、比較的慢性疾患の患者さんが多いのですが、今例のように普段からお通いになっている方が、何かの急性病を起こし来院するケースもまれではありません。

どうみても腸閉塞の痛みではないのですが、息するだけで痛む持続痛であることから本来ならば救急外来の領域だと思います。

ただ、よく診ると患部が大腸ではなく、胃にあるようです。

通常の排便後に悪化していることも、大腸疾患ではない証左になります。

中医でいう直中の部類に入るでしょう。

ここは吐方を用います。

鳩尾、内関で胃の上部を緩め、太衝から気を上に上らせました。

10分後に大量の嘔吐。

お顔の色は血色が戻りました。

これで治れば申し分ありません。

治らなければ救急車です。

 

 



2012年の陰部神経痛

2012年中に陰部神経痛と確定し治療に入ったケース3例ある。3例とも大学病院にて肛門診により陰部神経に沿い腫脹、圧痛を認めたケースである。類似ケースは内痔核、子宮内膜症のダグラス部病変があり、このケースが10数例ある。

この3例のうち2例は略治する。完全消失は適わないが日常生活に不備がない状態に達しているので、後は1ヶ月に1度の状態維持の治療に留める。日常生活では過度のストレスや物理的な肛門部の圧迫が増悪因子となるので、注意深く観察する必要がある。

もう一例は8割方の回復状況にある。高齢による臀部筋繊維の萎縮および筋力低下がみられ、圧迫要因になっている。ときに長時間の座位で痛みが出ることがあり、それがストレスの要因となる。

全体像として肝腎陰虚があり、肛門自体には血オか血熱がある。肝腎陰虚があるため、不安・緊張などで容易に肝気鬱を派生させ、それが患部病理に影響を来す、というケースがでは大多数を占めた。また昨年あった肺気虚から下陥を起こし、その圧迫から血オを起こすケースは今年見あたらなかった。

専門家の方も参考にして欲しい。

 

    

胃痛

患者さんを診ていると、主訴か随伴症状かはともかく、胃腸が悪い方は殊の外多いように感じます。

病名なら慢性胃炎などに相当でしょうか。伝統医学なら『胃緩』(いかん)という病名になります。

病理になら脾の運化失調が多いでしょう。

一般に食べたくない、もたれる、そこから元気が湧かないなどの症状があらわれ、しまいにやる気がない、かったるいなどの症状が続きます。なんとなく生活のクオリティーが低くなっている状態と考えてください。

その中に案外に下記👇のような方が多くいます。

基本的にこの手の方は食べられる量がそう多くない(食欲不振)のですが、頭(思考)で食べようとする方が多くいます。

『夕方お腹が減ると困るから、昼に食べておこう』『時間が来たから食べなければ』という感じで食事をします。要は胃の状態に合わせた食事を摂るという発想がないわけです。

意外に思うかもしれませんが、食欲がないときは、普通に食べただけで、それが過食と同じ状態をあらわし、ますます胃腸に負担をしいり、その結果胃の正常レベルを下げることになります。

食べたくないときは、量を減らすか?抜いてください。

負担を軽くする(胃の)という視点はとても大事なことだと考えます(スタッフより)


※院長より

胃の痛みで鍼灸院を訪れる方って結構います。大半は脾の運化に問題がある。単純にいえば消化、吸収のトラブル。これを基本に食滞(食べ過ぎ、消化不良相当)はないか、ストレス的な要素による機能停滞はないか、外の寒さは、冷たいものを取り過ぎていないか?などなどを考慮しながらツボと手技を決定します。ときに強い血オ、湿熱など方もおられます。私の臨床例だと膵臓癌、胃癌、今まさに腹膜炎や腸閉塞を起こしている方もいました。

舌診もとても参考になります。

舌診の図

   

痔というと中年男性の疾患というイメージを持たれている方は多いかも知れません。

意外にも患者の半数近くは女性なのです?????`?i???_???????j

男性でさえ「痔?」と思っても受診することをためらいがちですが、女性とくに若い方ならなおさら放置しがちです。

しかし、正しい知識を持ち、適切な対処をしないと後に痛〜い思いをすることに・・・????????

痔には3つのタイプがあります。

排便時に肛門が裂けるように痛い。その症状のとおり「裂肛」、俗に言う切れ痔です。20代の若い女性に多く、便秘による硬い便で肛門の粘膜が傷つきます。

便をするたびにいぼが出る「痔核」、いわゆるいぼ痔は、30代、40代に多くみられます。

肛門付近の血管の一部がこぶ状になりいぼ痔となります。排便時のいきみ過ぎ、長時間座りっぱなし・立ちっぱなしや出産時のいきみなどで発生しやすくなります。

いぼ痔があるのをわかっていながら、見て見ぬふりをしてしまった・・・放置したまま少しずつ進行し、気がつくといぼ痔が脱出したり、戻らなくなってしまう「脱肛」にまで悪化してしまうことも・・・。

若い年代の方は肛門の粘膜に張りがあるため、硬い便により裂けやすい。だから、切れ痔が多くなります。30代を迎えると徐々に肛門も老化への道をたどります。弾力性が減少し、血流が悪くなり、いぼ痔ができやすくなります。肛門付近の筋力も低下していき、筋がゆるんでいぼ痔が戻りにくくなります。

痔かな?と思うきっかけは「出血」です。しかし、その症状は大腸がんの初期症状でも見られます。大腸がんは食生活の欧米化が影響し、日本では近年増加傾向にあり、日本人のがん患者数の第1位に迫る勢いです。極端に細い便が出る場合は、早めの検査をしたほうが良いでしょう。

排便時に出血があっても、正しい知識と適切な対処をしていれば、あらぬ心配をする必要もありません。

鍼灸では、百会という頭のてっぺんにあるツボが効果的とされています。飛び出た肛門を上へと引き戻すイメージです。

ただし百会に適応する痔は、出て戻らなくなったものや、疲労で出てくるもの、あるいは脱肛なのです。

裂肛には肘の少し下の孔最が適応します。

いぼ痔は、患部近く、尾骨の先端の長強を取るとよいでしょう。

 

    

タイプ別の胃痛

2020/04/17

東洋医学視点の疾患タイプ別シリーズ

〇胃痛

東洋医学では胃痛、または胃緩痛と呼び、胃部の疼痛が主要なものをいう。

原因

@外からの冷え、生もの冷えなどを好んで食べる

A思い悩みや怒りなどの感情によって胃に流れる気が滞り強い痛みが出るタイプ

B脾胃(消化器)の力が長期間落ちると胃を栄養できずに弱く痛むタイプ。

 

治療分類

実証型(余剰型)

・胃痛が強烈、温めると痛みが軽減する→冷えに由来する胃痛

・張って痛み、げっぷや便が腐ったような臭いがする→消化不良に由来する胃痛

・痛みが針に刺されるが如し?キリキリ痛むタイプ→ストレスなどを起因とした血オ胃痛

実証の他症状

・口渇、消化不良や食欲不振、便秘を兼ねる→熱によるものが多い。

※ストレス型と熱型はかなり食欲にムラがある。

 

虚証(パワー不足)

・痛みは軽度、温めることや、さすることなどを好む。空腹時に痛みが出現しやすく食事をとると痛みは減少→気が不足

※胃の保湿機能が落ちている方は胃部に焼灼感を伴うこともある。

虚証の他症状

・足や手が冷え寒さを嫌う、力が入らない、ドロドロ便、食欲不振→活動能力が著しく減少する。

タイプによって使うツボは変わるが、足三里や内関、腹部の穴を用いるケースが多い。夏場の時期も含め生ものや冷たいものはほどほどに。

 

院長より

以上が中医書による模範解答。

臨床は多種多彩。それだけはダメ。

長時間の座位による胃の圧迫、広背筋の弱さなどからくる猫背による圧迫などは比較的によく見る。

膵臓癌による食欲不振、お腹の張りなどではことさらに背中の痛みも併発する。

長期の飲酒過多の方も気をつけよう。胃上部の炎症や潰瘍があることも。

食べるスピードも大事。一食毎に3回は休憩を挟むとよい。休憩ごとにお茶かお湯を60CCくらい飲んで欲しい。

 

問診とともに舌診も大事になってくる。

舌診の図

胃腸型感冒

最近感染で胃腸炎的な症状が出ることを胃腸型感冒という。 伝統医学ではこれに相当するものに風寒直中(フウカンジキチュウ)があります。 風寒の邪気が口から入り胃まで到達した状態です。

お腹の冷感部でかつ痛みがある場所に直にお灸を据える。※跡を残さないのでご安心を(笑)

その間、合谷穴などで衛気を鼓舞する。軽いものならこれで症状が改善する。 

風寒直中の患者さんはそう多くないが年間で10〜20例ぐらいは診るだろうか。 一般に感冒で鍼灸にかかろうとする発想がないでしょう(大笑) 

最近の例だと、上記の方法に至陰のお灸を加えた。直中に加え、下肢冷感が顕著だったからである。 今時はこの手の感冒も増えるので…夏場の暴飲暴食などで胃腸が機能レベルが低下している方が少なくない。 くれぐれも自重して下さいませ。

あまり知られていませんが、寒伏というものがある。文字通り寒が伏せているということ。例えば冬に感受した寒邪が地面に伏せてじっとしているように体に潜んでいる。それが春先に一挙にあらわれる感じで発症する。

便秘の3タイプ

常習性の便秘には3つのパターンがあります。大腸の蠕動運動が弱い弛緩型便秘。これは比較的刺激に対応してくれるため、野菜をたくさん取る。水を一気に飲む。運動する。肛門〜直腸を刺激するなどで解決することが多いものです。

問題は蠕動運動が活発過ぎる痙攣型便秘です。過度の刺激で腸内バランスを崩し、便秘をさらに悪化させることも少なくありません。流行の●●●エネマで重度の便秘に陥った方もおられました。便秘と下利を繰り返す人もけいれん型に多くいます。かなりリッラックスした環境が整わないと排便は望めませんので、会社や駅、デパートのトイレに世話になることは余程でない限りないでしょう。内関、太衝、風池などのツボが効果的です。

もうひとつ直腸型便秘があります。主に便意がある際に、トイレに行かない(行けない)の繰り返しで、脳が指令しても肛門括約筋が開かない状態に陥ります。便意もなく、2週間以上放置している人も少なくありません。承山、委中、風池 などツボのほか、出なくてもよいですから《便意があったらすぐトイレ》の習慣だけは身に着けましょう。お願いします。 

    

顔面神経麻痺

主に突然発症し一側の口、目が歪みがあらわれるもの。

顔面部は麻痺し板のようだと表現をする方が多く、どの年齢でも発症する可能性があります(とはいえやや男性に多い)。

顔面部に冷えを受けることや睡眠中に風寒の邪を受けるなど因とする。僕が北京中日友好病院で研修させてもらっていた頃、顔面神経麻痺の患者さんをたくさん見た。その頃(1980年代末)北京ではほとんど自転車通勤。そりぁ~顔に冷たい風がばんばん当たるわなぁ。今はほとんど自家用車(笑)

現代医学では中枢性と末梢性の顔面神経麻痺に分けられ、ここでは末梢性の顔面神経麻痺について書くが、昨年(2019年)は中枢神経系や顔面神経近くの腫瘍摘出後の麻痺なども診る。

顔面神経に支配されている顔にある筋肉の運動麻痺をベル麻痺と言います。このベル麻痺の原因は明らかになっていませんがウイルスが関与しているともいわれる。

顔の筋肉が動かなくなったら、現代では病院がファースト選択になるでしょう。中枢性でなく末梢性であれば薬物療法(抗ウイルス、ステロイド、ビタミン剤等)が一般的かと思います。

その次の選択肢の一種として鍼灸がくる。

よって当院では急性期の方が2割、その後の後遺症の方が8割という図式になる。

急性期症状に限定して記載する。

突然発症し一側の顔面部の板のような感覚麻痺、目が閉じられず涙を流す、口角が落ち、頭痛、耳の後ろや耳の下の疼痛などが主な症状。発熱、歯痛、中耳炎、帯状疱疹などの症状がある。

先のとおり顔面神経麻痺(急性期)の原因は風寒の邪の侵入が多い。

治療としては風寒の邪を取り除く治療を行います。代表穴でいえば合谷足三里およびどの顔面部の陽明経のツボをよく使います。

このような考え方で顔面神経麻痺を治療していきます。

    

    

不眠症

一口に不眠症と言っても様々なタイプがあります。

○寝つくのに時間がかかる

V・E・フランクルは長年不眠で悩む患者さんに、意図的に寝らない訓練を指示し、不眠を解決した例を挙げています。

これなどは、さしずめ寝ようとする意識が過剰になった人に効果的です。寝なきゃ、寝なきゃ????Lどうしよう????L眠れない????Lもうこんな時間だ?あるいはまだこんな時間だ、という流れです。不安とイライラが交互に襲います。

眠ることに意識が行き過ぎ、興奮状態を呈しているともいえます。肝気鬱不眠の代表です。興奮系の所作、たとえば寝る前の熱いお風呂、カフェイン、ニコチンなどは避けたほうが無難です。

 

○すぐに目が覚める

ちょっとした物音や光に反応する不眠と考えてください。単純にいえば眠りが浅いタイプです。

夢を見ているような感じで、でも起きると憶えていないこともよくあります。

30代後半から多く見られます。女性ホルモンが減りだした頃と重なるようです。

また眼精疲労がある方がなりやすい不眠ともいえましょう。

中医学では血虚不眠の代表的症状です。

 

○怖い夢を覚えている、一度起きたら眠れない

上記の[すぐに目が覚める]タイプからの発展します。

更年期入口の兆候のひとつであらわれることもあります。

また精神不安を抱えながらの生活であらわれやすくなります。

性格としては引きずる人、こだわる人、取り越し苦労の人が陥りやすい不眠です。

まれですが寝るのが怖い人もいます。

卵巣刺激ホルモンの一時的な過剰現象でなることもあります。

中医学では心の病証か肝の血不足で捉えることが大半です。

 

○お風呂で快眠のケースも?

お風呂に入ると、良く眠れるという人も多くいます。

冒頭の肝気鬱タイプでも二通りあります。

ひとつは精神的ストレスによる肝気鬱です。概ね熱いお風呂に入ると、眠れなくなくなります。

同じ肝気欝タイプでも肝気鬱から全身の循環が悪くなるタイプ人がいます。循環の悪さが入眠を妨げるわけです。お風呂で末梢循環を改善すると眠りやすくなります。

すぐ目が覚めるタイプの方は、一生懸命にお風呂に入らないようにしてください。

疲れて入睡困難も併発します。

お風呂をリラックスタイムとして位置づけ、ぬるめでジュワっとした発汗程度に抑えます。

目はつぶったほうが良いと思います。

体が溶けて行く感じを味わう瞑想睡眠は意外に効果的です。

滝.jpg

    

甲状腺異常

甲状腺ホルモンの構造や働きは専門誌に譲るとして、ここでは鍼灸治療との関わりを考えてゆく。甲状腺ホルモンに異常を持つ人は決して少なくない。男女比なら女性が多い。その症状は多岐に渡るが、大きく分泌過多(亢進型)と分泌不足(低下型)に分ける。

亢進型では新陳代謝が旺盛になり過ぎるための弊害が出る。発汗過多、微熱、ほてり、動悸、頻脈、振顫、頻尿、高血圧、体重減少、無月経などが起こりやすい。病名でいうとバセドウ病、亜急性甲状腺炎などがある。

低下型では文字通り不足により機能低下が顕著になり、冷え、低体温、体重増加、浮腫、脱毛、徐脈、筋力低下、倦怠感、眠気、月経不順などをあらわす。橋本病や放射線治療の後・ヨード過剰摂取などで起こりやすい。

また橋本病やバセドウ病は自己免疫疾患であり、過度なストレスや緊張、出産などを契機に発症しやすい。最近の研究では両者は移行することもあるという。

 

《鍼灸ではどう考える》

症状からその傾向性を中学的に分析すると、亢進型では実熱〜傷陰して陰虚内熱あるいは陰虚火旺に移行しやすい。治療は滋陰清熱が主体で、更年期治療に類似する。

低下型は症状から察し、陽虚〜気血両虚に流れやすい。補気補血を主とするか補陽に力点を置くかを見極め治療に入る。

※この数年で見た10数例の患者さんから興味深い事実に突き当たったので報告する。

橋本病、バセドウ病などの診断の下った患者さんは、確かに上記の様な症状をあらわすのに対して、甲状腺の数値が正常内の上限や下限で、他の数値との兼ね合いで確定診断に至らないケースでは、その症状が必ずしも亢進的・低下的とならず、むしろ混合的な症状を呈するケースも少なくはない。

これには自律神経のアンバランス→軽度の甲状腺異常なら、その症状の原因は自律神経の乱れにあり、混合的症状を呈しやすい。進行した甲状腺異常ははっきりと亢進型・低下型に別れ、それに応じた症状をあらわす。

直近の例では、精神的ショックから脱毛及びT3・T4の低下があり、さも橋本病あたりを疑える(ドクター見解も同様)方が、その後は、不眠、動悸、眼異常、羸痩と、むしろ機能亢進を思わせるものに変化する。つまり自律神経のアンバランスが主体であり、結果として甲状腺異常があらわれた例ではなかろうか? 

 

《病気とは》

病気は進行してゆくにつれ、ある方向性に固まってくる。甲状腺異常なら進行とともに亢進型なり低下型なりにはっきりと分かれてくる。ただ、その過程においては方向性の定まらないことが多々ある。先の例なら自律神経のアンバランスが前面に出て両症状があらわれることもある。鍼灸院では、健康とはいえないが病気が確定するに至らない、ある意味不安定な状態にある方が多数来院する。そのことをお伝えしながら治療的サポートできれば、現代医学の盲点を埋めることができように思う。  

 

    

ドライアイ

 ?o?b?h?i???????????jドライアイ?o?b?h?i???????????j

ドライアイは、肝が差配する血量が減少したときによく起ります。中医学でいう血(けつ)は、いわば栄養素と保湿の役割をします。その血を各組織に「分配−供給する」のが肝の役目と考えてください。

目は私たちが考える以上に大量の血を消耗します。そのため肝が血を届けても、届けても補充が間に合わず、ついには肝自身が疲労困憊し、その活動力を恒常的に低下させてしまうのです。

そ結果、慢性的な目の乾き、視力減退、まぶしいなどの症状があらわれます。

現代はテレビ、パソコン、携帯、人との距離の近さなどで眼を乱暴なまでに酷使します。おまけに眼の休息タイムである睡眠時間も削られています。(皆さん寝ない分の時間を、テレビやパソコンに当てていないでしょうね?????`?i???_???????j) 

肝はいつも眼のことを気にして栄養と保湿の源の血を送り届けるわけですが、限界を超えると動かなくなります。肝っ玉(肝のこと)母さんが倒れる前に寝てください、眼の酷使は控えてください。
最低でも7時間の睡眠は確保してくださいね。


 

   

逆子の灸(至陰)

妊娠中期以後の逆子に、足の小指の爪際(至陰)が効果的なのは結構知られている話です。
太平聖恵方(10世紀末)に張文仲の説として、横産で右至陰灸三壮(小麦大様)とあります。
その流れは、鍼灸資生経(1220年)、類経図翼・婦人病(1624年)、鍼灸大成・婦人門(1601年)と続きます。 
また神応経・婦人部(1425年)に難産に合谷、三陰交、太衝とあり、血を思わせる条文があります。これも歴代文献に散見します。
この至陰単独か、合谷+三陰交+太衝かが2大系統です。
我が国でも啓迪集・婦人門(曲直瀬道三、1574年)に至陰、大衝とある。
療治之大概集・婦人門(杉山和一、1682年)に三陰交・合谷・至陰とあります。
岡本一包も鍼灸聚英の説として至陰を紹介しています。
和漢三才図絵・懐妊胎孕(1712年)、鍼灸重宝記・妊娠(1718年)も右の至陰です。
(胎児に針を刺す) 
面白いところでは鍼灸則(1767年)には、横産で手から出てきた胎児の手のひらに軽く刺す、とありました。
(昔の妊娠中期の逆子の文献がない) 
逆子が出産時においてのみ記載されるのは、妊娠中期から胎児の頭が下を向くのが正常である、という認識がなかったためです。
1750年前後にアメリカの産科医ウイリアムスと、日本の産科医賀川玄悦により、この事実がほぼ同時に発見されました。それゆえ、それ以前の文献には妊娠中の逆子という認識はありません。
 
このように1000年近い歴史に洗われた至陰の灸です。試す価値はあると思います。
 
右側の至陰穴から始めるの王道ですが、初めに指でギュッと押してみて胎児が動いた方から始めると良いでしょう。

講義がないのも悪くない???

2020/4

コロナ騒ぎで3~4月の学校の授業がすべてキャンセル。コロナの勢いが止まらなければ5月もなさそう。

塾の講義はzoomによるWeb授業で凌いでいるが、講演会はすべてキャンセル。

せっかく作ったレジメもお蔵入り😿

しかし、時間ができた分いつも読まない類の本が読めるので、それそれで良いのだろう。

百度で中国のコロナウィルス情報を集めていたが、最近はここから頭を話して色々な本を読んでいる。

心を楽しくさせる工夫も必要だね。

膝を折って力を溜める時期と考えればそれも悪くはないだろう。

妊娠レベルが低い方への援護射撃

不妊歴が10年以上に及ぶ方、E2が極端に低い方、卵巣嚢腫をもつ方あるいは年齢的なリスクを抱える方など、比較的妊娠レベルが低いと予想できるケースでは邱紅梅先生とカンファレンスをいたします。 

 

kyuu.jpg邱先生は北京中医薬大学出身で北京で婦人医としてご活躍されていました。婦人科医として専門知識、とくに不妊症の症例に関しては豊富な経験をお持ちです。邱先生については「漢方養生法」「漢方的183のアイディア」(ともにオレンジページ)、「わかる中医学入門」(燎原出版)、生理で診断体質改善法(家の光協会)などに、その考え方が示されています。

自分の物語、親の夢

 物語

 久しぶりにユング派の某氏の講演を聴きに行った。氏いわく「カウンセリングとは、相手が物語を語るのを待つ職業である」という。


 ひとは自分の物語を作り、その物語に生きる〜

 自分自身のことでいえば、小さい頃は仮面ライダーに、小学生ではバレーボール選手に、高校では農業開発普及員としてアジアを駆けめぐることを夢見た。
 現在、同じアジアでも中国を源流とする中医鍼灸を以て、患者と歩く夢を見ている。ころころ変わりはしたけれども物語を作り続けた。ありがたいことに、物語は幾つになっても、時間を超え作ることできる。江戸最後の名医といわれる浅田宗伯は、生涯を漢方の継承・発展に費やし、この世とのお別れの際、三千人が涙したという。
 一方、親は親で子供に対して描く物語があるだろう。さしずめ良い高校、良い大学、そして良い会社という物語が一般的である。
 子と親の描く物語が一致していれば、子は生き生きと甘え、生き生きと自立する。よく見て、子供の描く物語を待ってみよう。
 不惑を超え親に感謝できるようになった。かも?自由奔放に生かしてくれてことは何よりの贈り物だった。今後、孝行息子も物語として描ければありがたい。

 

基礎体温や月経から子宮の状態を自己診断

 


タイプ別チェックリスト
(中医学で自分の体質をチェック!)
あなたの月経はどのタイプ?

 

個々の体質は、毎月の月経に反映しやすいものです。

 

そこで月経の状態や基礎体温をチェックして自身の体質を
知ることが大切になるのです。

とはいえ、人と比べることも容易なことではありません。

今回、中医学からみた月経分類法を大枠ですが提示しました。

ご自身で調べてみてください。混合型の人もいます。

その結果に対処する方法として食事やツボがあります。

 

それぞれの体質にあった食事やツボは、メニューから『 中医基礎理論 』を開き、その中の?y?? 《知って得する体質&つぼ》の項を参考にしてください。                        

 


 @t1.gif
【経血の状態】
●色はピンク色に近い●または薄い赤色
●水っぽい・さらさらした感じ●量は少なくなってきた

(数年周期で考えてください)

【日  数】  
●短めで3〜5日
(4日目以後は極端に減ることも)
●5〜7日あったものが徐々に短くなる

【月経周期】  
●遅れ気味、40日以上のこともある

【月経前後の特徴】
●月経後半の疲労感●不眠や夢を見る
●肌の乾燥、カサつき
●集中力散漫
●物忘れが多い
●ひどい人は生理中に便秘になることも

【月経痛】  
●腰、お腹の鈍痛、シクシク痛む
●生理後半に多い

【基礎体温】
●低温期が長い(15日以上)
●高温期が短い(13日以下)

【その他の症状】
●子宮内膜が硬くて薄い●卵か小さい
●排卵誘発剤で卵ができないことも 
●稽留流産歴あり

【心理的特徴】
●不安感が強い
●自責の念が強い 
●落ち込みやすい
●鬱になりやすい
●不信感が強い
●心配症

【元気になるには】t5.gif
●血の源は食物です
●規則正しい食生活を●目の使いすぎは禁物
●夜更かしは厳禁●十分な睡眠

 

At2.gif
【経血の状態】  
●色は薄い赤色
●水っぽい
さらっとしている
●量は少ないか多いかのどちらか
●気虚がひどくなるとピンク色で量が多くなる

【日  数】
●一般的で4〜5日●ダラダラと10日も続く人も

【月経周期】  
●だんだん短くなる●周期は22日未満が多い
●血虚をあわせ持つと遅れがち

【月経前後の特徴】  
●月経前に足がむくむ●疲れて腰がだるい
●食欲がない
風邪を引きやすい
●下痢しやすい●
月経中体か冷える●とくにお腹が冷たい
排卵期に出血することも

【月経痛】  
●ほとんどない

【基礎体温】
●体温は全体的に低い(低体温)
●高温期の上昇が遅い

【その他の症状】
●切迫流産しやすい●着床してもすぐに流れる

【心理的特徴】  
●性欲が淡泊●消極的●おっくうに思う●根気がない

【元気になるには】t6.gif
●気は体のエネルギー
●消化の良い食事を●生理前は十分な休息を


Bt3.gif
【経血の状態】  
●くすんだ赤黒い
●色粘りがある 
●レバー状の塊あり
●量は多め
●1日目は少ない
1日目カス状のものが出る
●2〜3日目から多<なる

【日  数】  
●長めで7日以上●タラタラと続く●すっきりと終わらない

【月経周期】
●不安定で遅れぎみ●以前より少しずつ長くなる

 

 

【月経前後の特徴】  
●月経前腹部が硬い●月経前お腹が張る●月経前に便秘
「月経が来そう」と思ってもなかなか来ない
●月経前半は経血が茶褐色●タラタラした不正出血

【月経痛】  
●激しい痛み●月経が始まると痛くなる
●痛みは出血量と比例する●出産後痛みが軽くなる

【基礎体温】
●ケースバイケース 

【その他の症状】  
●子宮筋腫●子宮内膜症●卵巣腫
●子宮ポリーフ●卵管癒着●抗精子抗体陽性
●卵や子宮内膜の条件がよくても着床しにくい

【心理的特徴】
●ケースバイケース

【元気になるには】t7.gif
●血液をサラサラに
●適度な運動●体を冷やさない。
●尾骨や下腹部を暖かく●月経中に怒らない


Ct4.gif
【経血の状態】
 
●ごく普通の赤い色●量は普通
●1日目は少ない
●2〜3日目から多くなる

【日  数】
●一般的で4〜6日

【月経周期】  
●不安定●早まったり遅れたり
●不規則でいつ来るか見当がつかない

【月経前後の特徴】  
生理前はイライラ
●月経前落ち込みの激しい
●過食ぎみ、食欲不振●ゲップが出る
●おなかが張る
●肌荒れや二キピ
●便秘がさらに強くなる●軟便ぎみの人は下痢

【月経痛】
●月経前にお腹の張り●月経が始まると減痛

【基礎体温】  
排卵日が不明瞭
●排卵チェックは陽性でも、40時間以内に排卵しないこともある

 

【その他の症状】
月経前症候群

【心理的特徴】  
不妊治療にストレス感
●周囲の人への不満感●強いイライラ感

【元気になるには】t8.gif
●ストレスが元凶
●ストレッチ運動が効果的●なによりもリラックス 


−邱紅梅先生(中医師)監修−

はじめまして

4月より入職いたしました杉本と申します。

 

まだまだ失敗と反省を繰り返す毎日ですが、さくら堂で患者さま・スタッフと過ごす時間に喜びを感じながら日々の仕事に励んでおります。 



患者様に寄り添える臨床家を目指して努めてまいります!

よろしくお願い致します!

低体温

不妊治療で毎日基礎体温表を眺めていると、本当に基礎体温の低い方が多いのには驚きます。 

以下はネットケアーからの引用です。

5月25日〜27日大阪で開催された日本抗加齢医学会で発表された。産科婦人科舘出張 佐藤病院院長の佐藤雄一氏、順天堂大学医学部小児科学講座らの共同研究グループが民間の3万2000人のビッグデータを分析して明らかにした』
※平均基礎体温を0.5℃刻みで見ると

35.0℃未満0.1%

35.0℃以上35.5℃未満1.9%

35.5℃以上36.0℃未満36.8%

36.0℃以上36.5℃未満60.2%

36.5℃以上37.0℃未満0.9%

37℃以上0.1%

平均基礎体温が36℃に満たない女性が38.8%にも上った、ということです。

『低温期の基礎体温を、過去(1972年)の報告と条件を整えて比較したところ、0.32度低くなっていた。』

これって相当にすごいことというか深刻なことだと思います。

僕が診た患者さんの中で最も低かった方は35.2度でした。真っ先に甲状腺機能低下症を疑いました💦💦💦

続きます。『その特徴を調べたところ、低値群で、タンパク質摂取量、運動実施率が有意に低く、朝食欠食率、月経異常の割合は有意に高かった。』 (2018年6月1日)とあります。


低タンパクで運動不足は予定調和的結論でその通りでしょう。

僕の臨床体験も加味すると、筋量がそんなに多くないなら、気温が少し低いだけでも「寒い!寒い 」を連発する方がなんと多いことか(笑)

こんなケースは伝統医学では腎陽の不足として治療することが多いでしょう。もちろん「低体温=腎陽不足」というほど短絡的ではありません、肝血虚の方もこの傾向を持ちますから、しっかりと分析する必要があります。
不妊で問題になる低体温は、上述の陽気不足なら、子宮の活動力も確実に低下していると考えて良いでしょう。ここから病理連鎖で不妊症まで展開というケースも少なくありません。36.3℃は欲しいですね。
不妊症の場合、通常の腎陽を補う治療にある療法を加えます。なかなか面白い結果が出ています。
腹巻をすることで逆効果の方をたくさん見てきましたので、もう一度繰り返します。
低体温にも色々な原因があります。仮に陽気不足にしても温めるレベルのみの低下か、活動能力レベルまで低下するかで、その後の2次病理への展開が全く異なります。

 

つわりの対処法

ninpu.jpg

 確かに悪阻(つわり)は個性的ですね。それこそ千差万別です。今回は、悪阻の機序というか仕組みを東洋医学で説明します。
 今回は気と血がキーワードです。
 気には大きく
 @《動かす働き:推動作用》A《温める働き:温く作用》B《形を変えてゆく働き:気化作用》の3つがあります。
 血は胎児の栄養補給物と考えてください。


 まず妊娠初期〜中期の胎児は意外なほど小さいものです。栄養を与え、どんどん大きくするのはもう少し後の話です。この時期の特徴は、将来に向けあらゆる組織を造りだすために小さな変化を繰り返すことです。いわば「人プログラム」に沿い基盤造りをしているわけです。

 これを支えるのがBの気の形を変えてゆく働きの役割です。
ここで先の気血の話に戻りますと、気血は通常の場合には同程度が適当とされています。しかしこの時期は気が血より少し多めになります。

 これを気の超過状態といいます。これが正常です。
 ちょっと気が多いとバランス的に良いのです。気の温める働きで子宮の温度が少し高くなり、その分体温が高くなります。また形を変えてゆく働きで、あらゆる組織の基礎固めを行います。しつこいですが、ちょっと多いのがいいのです。

 気が余りに多すぎると、@の動かす働きがあらわれてしまいます。胎児が非常に小さいうちに動かす働きが起こると、想像して見てください。流産になります。そこで多すぎないように余剰の気を排出するわけです。


 《余剰の気の排出ルート》
  余剰の気は一般に気血の道である経絡(けいらく)に流すか、体外に排出するかのどちらかになります。月経があるときなら出血とともに外に出すことも可能でしょうが、残念ながら妊娠中なので適いません。

 残る道は経絡に余剰な気を流すしかありません。子宮に繋がる経(けいらく)絡は任脈(にんみゃく)と衝脈(しょうみゃく)です。併せて衝任脈と呼びます。子宮から出た余剰な気は、まずこの衝任脈に入ります。衝任脈は気街(きがい:鼠径部:股のつけ根)で3つの経絡と交わります。胃に到達する胃経、肝に到達する肝経、腎に到達する腎経です。


 【余気が胃に到達】
 余剰の気が胃に入ると、胃本来の下降(消化して物を腸に送り込む)の働きを抑え、膨満感、胃もたれといった停滞的な症状をあらわします。さらに余剰の気の勢いが増すと、逆に上行エネルギーが強まり、悪心嘔吐があらわれ、甚だしいと水まで吐くようになります。悪阻で最も見られる症状です。
 ツボは解谿(かいけい)、足三里(あしさんり)、内関(ないかん)などを用います。


 【余気が肝に到達】
 余剰の気が肝に到達すると、専門的には肝鬱化火(かんうつかか)〜肝火上炎(かんかじょうえん)と呼ばれる状態になります。発汗過多、のぼせ、熱くて眠れない、頭痛や頚痛、イライラ感、煩躁、爆発しそうな怒りなどがよくあらわれます。また、常識や判断力を乱し、極端な行動に走ることも少なくありません。その代表が奇食(極端な偏食)や常軌を逸した過食などです。
ツボは太衝(たいしょう)、風池(ふうち)、地五会(ちごえ)、光明(こうみょう)、陽輔(ようほ)などを用います。


 【余気が腎に到達】
 余剰の気が腎に到達すると腎陰虚(じんいんきょ)と呼ばれる状態になります。ほてり、寝汗、熟睡できない、不安感、声のかすれなどがあらわれやすくなります。今風に言えばマタニティー・ブルーに似ています。
 ツボは志室(ししつ)、照海(しょうかい)、復溜(ふくりゅう)などを用います。



 各ツボの位置に関しては『始めてのたまごクラブ09年秋号』に記載してありますので、参考にしてください(難しすぎるという理由で8割カットされましたが((´∀`*))ヶラヶラ

血オの方が増えている

2020/4

最近に不妊症の患者さんを診ていると、一つの特徴にたどり着きます。

それは血オの方が増えているということ。

伝統医学で胞宮血オと判定するときには経血色・質、茶オリの程度、生理痛の程度、

あるいは腺筋症、卵巣嚢腫などの病歴、

あるいはBBT曲線などから総合判断します。

これに加え不育症で着床後の血栓などもこの範疇です。

血には活血化オという治療が必要です。

活血化の治療は不妊治療では禁忌として扱われることが多いのが現状です。

しかし、これをしないと実に妊娠率を上げるとことは適いません。

この矛盾をどうするか?

※オという字を漢字で書くと文字化けしてしまいますのカタカナのオで統一します。

 

解決策はココ↓↓↓

血は2次病理であるということ。

血の原因となる1次病理をしっかりと見極めることで解決します。

腎虚血オ、湿熱血オ、血虚血オ、肝鬱血オなどが代表的です。

1次病理を叩きながら、2次病理である血に対応することでこの問題は解決するのです。

産後腱鞘炎になる方が急増中

2020/04

時間が取れたので産後半年以内に再診する方の疾患を調べてみました。

多い疾患は疲労症候群、腰痛、乳汁不全などでしたが、最も多いのは腱鞘炎でした。

主婦としての力仕事が激減した昨今です。またお勤めの際でも担ぐ、持つなどの仕事はほとんどないものと察します。

ということは・・・・育児で初めてのこのような力仕事?と遭遇するといえなくもありません。

『日常使っていなかった上肢の筋肉の使い方や、手首自体への直接の負荷に対して抗しきれなくなる』

これが腱鞘炎多発の原因だと考えています。

数回の治療で良好になりますが、元よりの強さに欠けるため、再発しやすいという特徴があります。

体の使い方を学習する必要があります。

全体の筋肉を使いながら、部分への負荷を軽減させるのがそれ(はっきり申しますと皆さんこういう体の使い方が下手)

古武道における体の動かし方に似ていますね。

とくにお子さんが小さいときはお母さんは寝不足になりがち、寝不足は血・陰不足を起こします。

これがあると筋肉の保湿力が落ちるので、硬く伸びない筋肉に変化します。この辺りも腱鞘炎の誘因になるでしょう。


 

 

 

いま出来ることを

お疲れ様です!杉本です!

 

臨床経験が乏しい中で、日々患者様のために何ができるだろう?と試行錯誤しております。

 

患者様とのお話を通じて、「このツボの位置ってどこ?」、「せんねん灸ってどう使うの?」というような質問をいただく機会が多いです。

このような患者さん目線での治療における「なんで?」は臨床経験が乏しいからこそ気付くことができると思います。

そしてその「なんで?」に対しての解答をお伝えすることができればと感じております。

 

今後院内における掲示や、紙媒体で作成しお渡しできるようにしていきたいと思います!

 

今の自分にできることを大切に日々取り組んでいきたいと思います!!!!

 

__sozai__/0004055.png

 

当院における新型コロナウイルス対策について

当院では新型コロナウイルスに対して、最大限の対策を取りながら診察させていただいております。

新しく加えたものを含め、お知らせいたします。

〇治療ブース入退室時の手指消毒、定時の室内換気の徹底、常時換気扇と空気清浄機の稼働、アルコールでの家具等をふく、患者様との距離を取るため待合室での待機時間をつくらない、スタッフのフェイスシールド着用待合室にて火鉢で黄耆を炊く、黄耆入りのお茶の飲んでいただく。

黄耆(おうぎ)には衛気(身体のバリア機能)を高める効果があるとされています。

対策を徹底した上で、ウイルスに負けないよう免疫力を高める治療を加え、治療にあたらせて頂きます。

このようなご時世だからこそ皆様の健康と癒しを提供できる場所となれるよう施術にあたらせて頂きます。

FullSizeRender (5).jpg FullSizeRender (3).jpg 2209_5681.jpg

チョコレート嚢胞

2020/4

チョコレート嚢胞は卵巣に残留血などの不要な液体の入ったブヨブヨとした袋が出来ること。内膜症のひとつです。軽度であれば妊娠に問題はありません。時間、大きさなどの諸因子により、炎症、癒着、硬化の三要素が妊娠を阻害します。

炎症で問題点はふたつ。ひとつは卵子を採卵できないこと。もうひとつは常時炎症状態が続くとマクロファージが精子をやっつけてしまうことです。

癒着では卵管の癒着から卵子の通過障害という流れが問題です。

硬化は卵巣表面の膜が硬くなり、排卵に至らない。つまり卵胞が卵巣の表層の膜を突き破れないことがあります。

一般に定量ピルで疑似閉経状態を作るか、オペをするかの選択があります。しかし子宮活動期(閉経まで)増殖を繰り返す性質がありますので、一定期間が経つと再発します。

鍼灸の場合、骨盤内の血流を促し、進行を止めることは可能です。

オペ後の状態を維持することも選択肢としてあります。抗炎症、抗硬化の働きもあります。強度の癒着には一端オペなどで体を戻した後で、十分な気血を補うという方法が良いと思います。

個人的には中医弁証の則り、子宮力を高めるようにしながら、スポットを炎症か癒着か硬化かに当て治療します。さらに妊娠率を高めるように精進します。

room2.jpg

肛門痛と内膜症

 肛門痛  

肛門が痛む、ウーム痛い。

皆様このようなときにどんな疾患を思い浮かべるでしょうか?

痔ではないかと考える人が一番多いようです。内痔核などが典型ですね。切れ痔も要注意です。放っておくと肛門狭窄になることもあります。便が細くなる、下血を帯びるなどが出たら可能性が高いと考えてください。

つぎに考えられるのは何でしょう?。

子宮内膜症で、内膜様組織がダグラス窩に溜まったケースです。

突き上げるような激しい痛みの方、ズキンズキンとした痛みの方も少なくはありません。

始めは生理時に痛みが増悪しますが、ひどくなると生理時以外でも痛みがある人も少な

くありません。意外に多いのは排卵時痛です。排卵前から数日続くこともまれではありません。

内膜は剥奪と増殖を繰り返すので、内膜の増殖期である排卵時に痛みもでやすいようです。炎症的な痛みが特徴で、ズキンズキンとかズンズンとした感じになります。また腹壁など骨盤内の別の組織と癒着があれば、さらに痛みが増すようです。

出口を持たない卵巣に内膜様組織が出来るとチョコーレート嚢腫に発展します。

肛門痛が排卵時、生理時に痛みが限定し、かつ性交時痛があれば、迷わず婦人科を受診してください。問診ー内診ー超音波ー血液検査、必要に応じてCT、MRIという順に検査します。

変わったケースもありました。その代表が肛門神経痛です。肛門付近に突然起こる発作

性の疼痛を起こします。数分間発作した後、は多くの場合不規則で、5〜20分続いた

後、自然に治まるのが特徴。排便時に起こることもありますが、夜間の発作する方が多

いようです。これといった治療法が確立されていないのが現状です。患者さんを見る限

り肛門マッサージ(自分で)や患部を温める多少の 改善を見ます。ツボなら次リョウ

会陽を使用します。試してみて下さい。この2穴は内膜症緩和にも有効です。


tubo-5.gif

 

師匠の本棚@

さくら堂の受付奥にはスタッフルームがあります。

スタッフ待機のため、机等がおいてありますがその周りには師匠の本棚が。

スタッフを取り囲むように多数の書籍がおいてあります。

一部ですがその様子を写真にてお届けいたします。

IMG_6137.JPG

 

中医書はじめ、鍼灸雑誌、辞書などがありますが、前後左右から本棚と膨大な書籍に囲まれている状況です。あまりに多すぎで目当ての書籍を見つけ出すのも一苦労なときも。

もっと多く写真を撮ったのですが、一度に多くの写真を掲載することが難しいため次の機会に。

少しでも多くの書籍と出会い、師匠の考えに触れられたらと感じました。

 

そのAへ続く。

師匠の本棚A

お疲れ様です、杉本です。

昨日に続いて師匠の本棚を紹介。

 

IMG_6138.JPG

 

IMG_6140.JPG

IMG_6141.JPG

どうでしょうか?これもわずか天井近くの一部分。

まだまだ書籍が山ほどあるのですが、床面に近づくにつれて生活感が出てしまうため掲載は控えさせていただきたいと思います…。本当に多い。

 

なかなか見ることのできない師匠の本棚、いかがだったでしょうか?

勉強会の塾生でもなかなかスタッフルームに入る機会はありません。

貴重な機会かと思います。

皆様の何かしらの刺激となりますように。そして僕も本を読むぞ!と思う今日この頃なのでした。

腰と足首の不思議な関係

重度の椎間板ヘルニアの患者さんの治療で数回経験した不思議な現象についてお話しします。ヘルニアが数年を要し治ってゆく過程で、少しずつ足の外くるぶしあたりが隆起してきた例がありました。1例だけなら、個人の特殊体質とでも考えるところですが、これまでに数人の方から、同じような事象を観察しています。

理論的には腰の要である《腎》に関わるツボが足首に集中していますから、当然起こり得る可能性はあります。

しかし腰の痛みの代償的ブログラムだと思いますが、足首の骨が変形するという事実を目の当たりにすると、体のつながりって不思議で、凄いものだと感じないわけにはゆきません。

そこでよくよく足首のツボを触ると、同じ患者さんでも毎日変化して行きます。谷あり、山あり、湿りあり、乾きあり、しわあり、ぶよぶよありの感じです。 そこで足首を正常に整えて行くと、腰の働きの正常性もまた回復して行きます。ここらに鍼の凄みが隠されています。


腰痛予防なら日頃から足首を良く回すことです。


NG

足首を返せない履物など(たとえばブーツ?????????_?b?V???i?????o???????j


    

膝痛の治療

当院では約5〜10パーセントの方が膝の痛みで来院されます。10人〜20人にひとりの割合です。

病名でいえば、圧倒的に変形性膝関節症が多く、ついで靭帯損傷、膝窩嚢胞と続きます。

半年ぐらい前でしょうか?嚢胞が破裂したケースを見ましたが、この症例は鍼灸院では比較的めずらしい部類に属します。

中医学の視点からは下半身の軟弱感を主体とする症候群である腎虚、棘骨が擦れ合うなどで激痛を起こす血オ、水が溜まる内湿などがあります。

治療はそれぞれの証に適合するツボを選択してゆくわけですが、腎虚の方は足首(またまた足首ですか???[???i?????????j)が必要以上に硬かったり、軟弱であったりします。

血オの方は、まず痛みを取ることが命題になります。

内湿の方は中程度以下なら、運動法を加え、水をさばくツボを多用します。陰陵泉、梁丘あたりのツボを上手く使うといいですね。 


???o?p???o?p???o?p本日患者さんから面白い質問を受けましたので、付記します。
『ヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコタミンサンはどのようにちがうのでしょうか?』

?t???[?_?C?????t???[?_?C???? 3つともムコ多糖類だから、軟骨などの結合組織に含まれています。年齢と伴に少なくなるので、サプリなどで補うい、結合組織の強化をはかるという点では同じ方向性の物でしょう?

もちろん、ヒアルロン酸は関節液にも多く、潤滑剤・クッション剤として役割が高く、コンドロイチン、グルコタミンサンは軟骨生成の可能性が期待できる、という程度の違いはありますので、レントゲン所見などをもとにドクターと相談してください。

 
○患者さんの話を聞いていると、同じ効果のある商品を重ねて用いる人が意外に多いのです。無駄とはいいませんが、内容を吟味し、ある程度絞り込んでいってよいケースもあるのではないでしょうか。

 

    

痛みの感じ方に違い

同じような病気でも、人それぞれに痛み方が違います。どうしてこのような現象が起きるのでしょうか?

確かに『痛みに強い人・弱い人』という言い方があるように、感じ方は人それぞれです。このような違いは、一般に閾値(いきち)の違いとして理解します。
疼痛閾値は、文字通りどのくらい値で痛みを感じるかという点を数字化したものです。通常は圧力計を使い図ります。
痛みは脳内で把握するものですから、その時々の精神状態や過去の経験などが、この疼痛閾値を大きく左右します。

たとえば、神経質になり、痛みのことばかり考えていたら、閾値は下がる、つまりちょっとの痛みでも、ことさら大きく強く感じます。つまり痛みに集中すると、さらに痛みが増すという法則が成り立つわけです。

逆にいえば腰痛や神経痛があっても旅行中(楽しい場面)などでは痛みが出ないことがあるわけです。
恐怖心も閾値を下げます。初めての痛みだと、過去に経験がなく、不安が強くなる傾向を持ちます。たとえば東洋医学で驚悸(きょうき)といいますが、不安・恐怖による急な動悸には、胸痛を伴います。

 

  

両下肢同時にあるしびれ

一般的に両足に違和感や痛み、しびれがあるときは、脊柱間狭窄症、下肢の動脉硬化や血流障害などを疑います。単純化すれば骨か血管かと考えます。
 狭窄の特徴は、短時間での歩行障害に尽きます。休むと少し改善され『歩くとまた悪化する』。これが狭窄の最大の特徴です。

徐々にですが、痛むまでの時間が短くなります。例えば30分歩いて痛くなっていた人が、10分程度でも痛くなるようなら、狭窄症は進行していると見るべきでしょう。

症例をざっと見ると腎虚と血オの混合型や入絡血オで治療するケースが多く、しっかりと響かせる手技を出していかないと効果は半減します。

もちろん椎間板ヘルニアや変形性脊椎症でも両下肢に痛みやしびれがくるときもありますが、こちらのほうは概ね片足のみに痛みやしびれがあらわれます。(注:ヘルニアが左右両方にあるなら両足ともに痛むこともあります。)

血栓のケースも少なからずあります。

足背動脈や鼠経動脈の血流を見ますが、血栓があったりするのでかなり慎重に鍼灸の適応かどうかを判断していきます。  


 

    

脊柱管狭窄症の治療

神経痛の項の記事と少しダブります。

一般的に両足に違和感や痛み、しびれがあるときは、脊柱間狭窄症、下肢の動脉硬化や血流障害などを疑います。単純化すれば骨か血管かと考えます。
 狭窄の特徴は、短時間での歩行障害に尽きます。休むと少し改善され『歩くとまた悪化する』。これが狭窄の最大の特徴です。

徐々にですが、痛むまでの時間が短くなります。例えば30分歩いて痛くなっていた人が、10分程度でも痛くなるようなら、狭窄症は進行していると見るべきでしょう。

症例をざっと見ると腎虚と血オの混合型や入絡血オで治療するケースが多く、しっかりと響かせる手技を出していかないと効果は半減します。

ときに安定期に入っていた方が冷えや疲労、無理な姿勢を取りすぎたなどで再発することもあります。十分な休養をお勧めしながら、それぞれに対処してゆくことになります。

もちろん椎間板ヘルニアや変形性脊椎症でも両下肢に痛みやしびれがくるときもありますが、こちらのほうは概ね片足のみに痛みやしびれがあらわれます。(注:ヘルニアが左右両方にあるなら両足ともに痛むこともあります。)

 

血栓のケースも少なからずあります。

足背動脈や鼠経動脈の血流を見ますが、血栓があったりするのでかなり慎重に鍼灸の適応かどうかを判断していきます。  

    

箱灸.jpg

陰部神経痛の痛みを少しでも早く軽減させる

 このところ立て続けに陰部陰経痛の患者さんに出会いました。肛門あたりが夜も眠れないほど痛む、肛門科に行っても内痔ではない?、婦人科に行っても内膜症があるわけではない?。挙げ句に神経科?を勧められる人もいました。
内痔がなく、内膜症もなく、会陰〜肛門部や陰部に痛みがあり、かつ陰部神経に沿った痛みでもあれば陰部陰経痛の確立はかなり高いと考えたほうがよいでしょう。

陰部神経痛は原因が不明なことも多いのですが、視点を変え、中医の眼から見ると肝の疏泄失調の方が多いようです。肝の疏泄を解消するツボと仙骨孔あたりのツボを組み合わせると効果が早く出ます。ここからが勝負です。病態に合わせながらコツコツと治療効果を積み上げていきます。患者さんにも根気のいる治療であると認識してもらっています。

※当院では年間5名前後の陰部神経痛の方がお越しになります。生涯でもそうそう会わない疾患なので受け入れてくれる鍼灸院さんが少ないそうです。

だから皆さんすごく遠方から来られます。

申し訳ないです。 

  

足底痛

カガトをつけた途端に痛み出す。カガトの骨が変形し、棘が出てきたり、凹凸が出たりすることを原因とします。中医学では腎虚によるケースが多く見られます。

腎虚のほかは寒湿が多いですね。

 腎は下半身を司るとされており、腎が弱ることで、下半身の骨の老化もあらわれやすくなります。
 1.足首を回す
腎 が衰えてくると、大半の人は足を返して歩かず、カガトからドテドテとした感じで歩くようになります。日頃から足首を手で持って回すように心掛けて下さい。
taikei.gif 
2.太谿の灸
腎を強めるツボとして太谿をお勧めします。日に2壮ぐらい灸を据えて下さい。なるべくお腹の空いたときが効果的です。
 3.ふくらはぎのストレッチ
仰向けに寝た状態で、膝の裏を地面に接触させます(腎の弱い人は地面と膝裏に隙間ができます)。その状態で足の趾先を自分の方に反り返します。10秒ほど我慢して戻します。3〜5セットぐらいから始めましょう。

  

院内掲示

お疲れ様です。杉本です。

 

 

さくら堂を入っていただき、玄関左手に黒板を設置しています。

そこに様々なお知らせ事項を掲示させていただいております。

 

先日のブログでも話にあげましたが、「ツボの取り方がわからない…」という声を多数いただいてました。

そこで、作成し黒板へ掲示してみました。「簡単なツボの取り方」を!

 

さくら堂ではセルフケアのひとつとしてご自宅でのお灸をおすすめしております。

ただツボの位置ってよくわからないですよね。

一人でも多くの患者さまが取り組んでいただきたい、その思いで手作り感満載ですが作ってみました。

 

ご来院の際はぜひ一度目を通していただければ幸いです。

 

IMG_0703 (2).JPG

出来事の意味を考える

 

 

自分が思ってもみない出来事に遭遇する時があります。 直面した時は気が動転する事が多いのですが、「自分にとってどのような意味があるのか」「その中で何が出来るのか」と考えるようにしています。 

 

大変な時代・不安定な時代であるからこそ明るくいきたい。 出来る事を確実に、人に対しては誠実にいたいと感じました


__sozai__/0019701.png



専門用語を使わずに

 

お疲れ様です。杉本です。

 

患者様と関わる際に「そこにお灸しているとどういう効果があるの?」と問われることがあります。

鍼灸師同士であれば「衛気(エキ)を…」と説明すれば伝わるのですが、患者様に伝えるときにはどのようにしたら伝わりやすいか日々試行錯誤しています。

 

上手く伝えることができない時、自分自身が正確に理解できていないのだと気づかされます。

患者様に東洋医学をわかりやすく説明できるようになりたい。

 

専門用語を一般の人にわかりやすく説明することは非常に難しいことだと感じますが、患者様に納得していただけるため努力していきたいです。

 

日々、いろんな気付きがあります。その気付きを大切に、学び、一歩一歩成長していきたいです。

 

__sozai__/0013344.png

 

センスが欲しい

お疲れ様です。杉本です。

 

さくら堂の駐輪場の近くに花壇があるのはご存知ですか?

お花が好きな杉本ですが、実際に植えたこと、育てたことはありません。

 

さくら堂に入社して、いろいろな花を花壇へ植えることがあります。

そして毎朝水をあげております。丹精込めて…

 

何故か植えるお花は枯れる枯れる!

なんと「センスのない杉本くん」と名をはぜることに…(院内ですが)。

 

院を彩る花を育てることも立派な仕事。次は枯らさないように。

センスが欲しい!!切実に!

 

 

IMG_0766 (2).JPG

 

 

 

 

流行りの

昨日は塾の勉強会がありました。

新型コロナウイルスのため、今流行のzoom上での開催。

 

最初は違和感を感じてましたが、時間が経てば意外と快適。

聴く側は楽ですが、講師の先生は大変だと感じました。

自分が発言した際、リアクションがないと「きちんと聞こえたかな?」等感じることがあったため、 聴く側としてきちんとリアクションだけは取りたいと思った次第です。

 

塾生の中には県外から片道2時間かけて勉強会に参加される方もいます。

距離や時間の問題で参加できない方も参加できる、zoomはそう言った問題を解決できるツールとなるのですね。

皆と顔を合わせられないことはさみしい気もしますが、良い部分もしっかり大切にしていきたいと思います。

 

 

__sozai__/0019298.jpg

 

 

 

 

日に一回の呼吸ライフ

2020/4

 

本来、私たちの体には自然治癒力が備わっています。

 

例えば、肩こりや疲労、そして、ちょっとしたケガや病気まで・・・。

自然治癒力がバランスよく働くことができれば、

充分に回復することが可能なのです。

そのカギを握る一つに『呼吸』が大きく影響しています。

この世に生まれる前の胎児の時から、この世に生まれて、去るまで、

ずっと、私たちは『呼吸』と共に生きています。

では、呼吸が浅い時は、どんな時でしょうか・・・。

逆に、呼吸が深い時は、どんな時でしょうか・・・。

呼吸を意識するだけでも、硬直した部分は緩みはじめ、

緩んだ部位はよみがえり、充分に自然治癒力が高まります。

お臍と恥骨の間にある『関元』(丹田とも言われている)に

軽く両手を添えて、深くゆっくり深呼吸をしてみましょう。

一日一回、短い時間でも呼吸LIFEを取り入れることで、

鍼灸治療との相乗効果も深まっていきます。

嬉しい声

お疲れ様です。杉本です。

 

このブログを書き始めて1週間程度です。

「まだ誰も見ていないかな?」という気持ちで掲載を行っていたのですが、本日患者様から「ブログ見ました!」との声をいただきました。

 

ほんの少しの驚きと恥ずかしさがありましたが、読んでいる患者様がいらっしゃることを考えると嬉しい気持ちが上回りました。それと同時に「よし、今後のブログ更新も頑張るぞ!」という気持ちになった次第です。

 

それからもう一声。先日のブログで「ツボの取り方」を作り院内掲示した旨を伝えましたが、患者様から「わかりやすい!」と言っていただけました。

コピーしたものをお渡ししたところ、とても喜んでいただけることに…

作成したものの「本当にわかりやすいのかな?」と不安に感じていたので本当にうれしかったです。

頑張ってつくって良かった…

 

患者様の声が本当に力になります。これからも自分が出来ることを誠実に取り組んでいきたいです。

 

__sozai__/0011737.png

三陰交の変遷

三陰交は内踝の上3寸骨際にあるツボです。婦人科の名穴と言われます。

ところが戦前までは妊婦に禁忌とされていました。

これに挑んだのが、産婦人科医・漢方医の石野信安です。

石野氏は昭和25年に三陰交と逆子の関係を東洋医学学会で発表します。

ほとんどの妊婦に三陰交のお灸をしたとあります。

その成果を漸次公にします。

母体と胎児それぞれに好影響を与えたという内容でした。

以来、我が国では婦人科の三陰交といわれるようになります。

ただし、中国古典の一部には三陰交は妊婦に禁忌とあります。

戦前はこれを重く見たということです。

この違いは何なのでしょうか?

ポイントは三陰交の刺激に何を使ったかということです。

石野氏はお灸を使っています。

お灸を使うと三陰交の子宮や脾肝腎の気を調節に傾きます。

鍼を使うと三陰交の子宮や脾肝腎の気を調血に傾きます。

妊娠初期に調血の治療をすると子宮内の血の微妙なバランスを崩し、流産に導くことがないわけではありません。

これが古典にある記載や戦前の妊婦には禁忌の真意だと個人的には考えています。

お灸を使い調気するのなら問題ないといえるでしょう。

今年出会った恥骨痛

2020.4   

恥骨痛は読んで字の如く恥骨周辺の痛みのことであり、鍼灸院では数年に一度出会うかどうかの症状です。

今年の1月〜2月にかけては恥骨痛の当たり年???3例ほど続けて診ることになりました。

恥骨痛の大半は恥骨筋の炎症に由来します。

恥骨筋は恥骨際から起き、大腿部の骨の上端辺りで停止する筋肉です。

過度に下肢をアウトステップにもって行くような使い方で炎症を起こしやすくなります。

サッカー選手に恥骨痛が多いのはもうわかりましたね。そう、アウトサイドキックなどを多用するからです。ドリブルのときも結構なアウトサイドだし・・・

今回のお3人は恥骨筋が外に過度に開くことで起こる炎症ではなく、硬くなっていることで下肢がインサイドしているケースでした。

これは更年期前後の女性に多いケースでしょう。

更年期は何度も言いますが基本は「陰液の不足」になります。つまり日常用語なら保湿機能の減退です。筋肉も同じ、水分やほかの液体成分が減少することで縮こまった筋肉に変化してきます。

こういうケースでは仰臥位(仰向け)で足の先が地面から離れ、立ってきます。

先の過度のアウトサイドタイプは足の先が地面スレスレとなりますね。

恥骨筋のトリガーポイントから治療すれば短期間で十分な効果を得ることができるでしょう。

 

 IMG_20200429215210.jpg

 

 

呼吸を合わせる

2020・4

良く学生さんや塾の生徒さんに、「患者さんと息を合わせるんだよ」と言います。

治療がうまくなる秘伝みたいなものだから、ちょっと言い過ぎか((´∀`))ケラケラ

息を合わせるとは、呼吸を合わせ患者さんの間合いに自然に溶け込むことなのです。

なんといいますか、同調する感じですかねー、

楽器は違っていいのですが、リズムを同じにするというかー

 

こういうのは結構簡単なようで難しい。

その人そのものが如実に出てしまうから。

小学生でこれを習得している子もいれば、50過ぎでも全くお粗末な方もいる。

最初のポイントは「ユリ」です。

ユーゆずる

リー理解する

ですねー

 

 

病識は数字から始まらない

2020/4

スピードガンは言わずと知れた投手の球速を測る機械です。
「おっと、藤川出ました、155キロ」という風な感じで耳にします。
西武松坂、横浜クルーン、巨人江川、ロッテ伊良部、阪急山口、中日小松。古くは尾崎、権藤、金田、スタルヒン、皆さんついて来られますか? 今なら「オオタニさーん」ですね。


 【体感速度】
実際は球が速いかどうかは、様々な状況で変わります。
体より腕が遅れて投げれば、実際より早く感じます(好例ソフトバンク和田)。

胸元に投げれば、顔に近いため、バットを出す始動が遅れるので早く感じます(好例西武東尾−少し古い?)。遅い球を続けた後、速球というパターンも早く見せるコツのひとつです(中日山本)。
 【実際と感覚の乖離】
 我々は数字の世界に住んでいません。感覚の世界に住んでいます。
楽しい、幸せと感じるための数字など存在しません。したがってゆとり教育なども数字化、客観化などできません。もちろん他者と比較の上で、楽しさや幸せを測ることも無理です。

近代始めに欧米から幸福指数という概念が持ち込まれ、人の手に代わる機械をたくさん持つことが、幸福とされました。これが資本主義経済の拡大にどれほど貢献したかは、推して知るべしです。
病気を認識するということは、ちょっと普通じゃないと感じたところから始まります。病は気の持ちようという言葉はこの辺の感覚を含んでいるのでしょうね。

 

※養生も頭で考える部分だけでは続きません。

数字化???。。。2万円出したから良くなるとか、498円だからイマイチだなぁー(笑)というわけではないでしょう。

病識が不快な感情から始まるように、養生も【快】があってこそ続くというか成長していくものなのです。それなら養生の初めの一歩とは何か?

実に反応性を上げることなのです。食べたら出る。疲れたら眠くなる。風邪を引いたら熱が出る、そんな素朴で反応の良い体をつくることなのです、と僕は考えています。

 

 

嬉しい声A

お疲れさまです。杉本です。

 

先日のある診療日、患者様から「完全に息子かと思った。」との声。

30歳の杉本ですが、細身のためか年齢よりも若く見られることが多いです。

 

続けて「背格好が完全に一緒。」

…どうやら私を院長の息子だと思われていたご様子。

 

確かに身長や体重、私と院長は非常に近い。私のほうが足が短く、頭が大きい完全なる日本人体形なので一緒というのは院長におこがましいですが…。

私としてはとても光栄なこと。気持ちが上機嫌になるような一言をいただけました。

 

 

新型コロナウイルスの影響で、ご予約を取りやめになる患者様は多数いらっしゃいます。

突然できた時間の中で、患者様とゆったりとしたコミュニケーションが取ることができる。

 

 

その後一度帰られた患者様。院に戻られスタッフに差し入れをしてくださいました。

「頑張れ。息子。」と明るく一言。元気を与える治療者のはずが、逆に元気をいただけました。

 

このようなご時世だからこと人との関わりの大切さが身に染みるのでした。

自分がどんな治療家になるのか?その問いに対してまだまだ明確な事はよくわからないのですが

今日感じたこの気持ちは決して忘れることなく日々臨床に携わっていきたいと思っています。

 

__sozai__/0019918.jpg

 

 

丹精込めて

お疲れ様です。杉本です。

 

先日、院内のフローリングのワックス掛けを行いました。

普段からお世話になっているさくら堂(変な表現ですが)。

随時清掃は行っているのですが、フローリングはお疲れの様子。

 

丹精込めてワックスがけを行います。

「いつもありがとうございます。」と感謝の気持ちで。

 

待合室、治療ブースともにワックスかけを行いましたが、見事ピカピカに。

光沢を放っているため様を見て、爽快感に浸るのでした。

 

清掃はじめとする環境整備こそ、大切な立派な仕事だと考えてます。徹底して頑張ります!

 

__sozai__/0005643.jpg