頭痛と中医学

人生で一度は経験したことのある頭痛。慢性頭痛、風邪を引いた時の頭痛、二日酔いの時の頭痛など同じ頭痛でも痛み方が変わってきます。中医学では、どのような解釈をするかを書いていきます。簡便ではありますが西洋医学の分類、東洋医学の分類をさせて頂きました。症状をお持ちの方やご興味がありましたらご覧ください。


 西洋医学の分類 (※説明は割愛させて頂きます)

一次性頭痛 明らかな基礎疾患がない慢性頭痛 

緊張型頭痛 

片頭痛 

群発性頭痛 

 

二次性頭痛 頭頚部に基礎疾患がある頭痛 

頭頚部の外傷 

頭頚部の血管障害 

脳血管障害以外の脳疾患 

その他 

 

東洋医学の分類 

東洋医学では上記の西洋医学的な分類を参考にしますが、あくまでも参考にする程度です。各々頭痛の特色があり、このタイプの頭痛には、この治療法というのは存在しません。まずは痛み方、症状出現の傾向性、症状の緩解・増悪あるか、慢性・急性などから患者さんの頭痛を起こしているものを中医病理に置き換えて診ます。 

まず大きく分類していきます 

 

・外感頭痛…外感とは東洋医学で外から襲う、症状を出現させる邪気。


 

1、風寒頭痛:一般的に項頚部〜後背部こわばりから始まる頭痛。風邪の初期症状に類似するもの。痛み方は収縮時痛、温めると楽になる 


2、風熱頭痛:熱病理により喉の渇き、目赤、痛みは拍動系が多い 


3、風湿頭痛:湿邪によって頭全体に覆い被さるような痛み。西遊記の孫悟空がつけている頭の輪の ような痛み出方が多い 

 

・内傷頭痛…内傷とは東洋医学で身体の中の気血・臓腑の中庸が保たれていない状態で起こるもの


 

1、肝気鬱〜鬱火頭痛:肝の疏泄失調によって起こる頭痛。肝の疏泄とは気を適材適所に巡らせる働きがあり失調すると停滞もしくは生理的な気のベクトルと反対へ向かう病理を作る。疏泄失調を起こす要因としてイライラ、のびのびできない環境などの精神的な要素が強く絡んでいることが多い傾向。気の停滞(気滞)は脹痛(張った痛み)が多く停滞から熱化するケースもあり、この場合は拍動痛に移行しやすい。 

 

2、肝陽上亢頭痛:身体を保湿、冷やす陰液が消耗したことにより相対的に陽気(熱源)が亢進して起こる頭痛。この頭痛は痛みと共にのぼせ、ふらつきなど熱症状を伴うことが多い。長期睡眠不足や体重の急激な減少、または更年期〜閉経後の症状として現れることがある。 

 

3、脾胃気虚頭痛:脾胃(胃腸)の機能が失調したことにより気血の産生力の低下、頭部への栄養供給低下により起こる頭痛。気虚の頭痛であれば痛みの質は強くないことが多く、脾胃の機能失調の副産物により湿が生まれ、頭部に影響すると頭重(頭が重い)が強くなることもある。 

 

4、血オ(けつお)頭痛:外傷以外であれば次的に起こることが多い頭痛。一次病理の停滞または虚労病理によって血の停滞(血)が出現して起こる頭痛。頭痛が慢性的になっている方が多く痛む部位は固定性のものが多い。痛み方は錐の如し刺すが如し、と言われている。この痛みは鋭い痛みを大きく捉えたものとして考えたほうが良いと思います。 

 

・外感頭痛は比較的、急性頭痛が多い傾向。 

・内傷頭痛は比較的、慢性頭痛が多い傾向。 

・内傷頭痛をお持ちの方は外感頭痛を患いやすい傾向をもっているため、外気の環境差(気圧、湿  度、温度差)で常時お持ちの頭痛と違う痛み方を出すこともあります。

・まずは一次性と二次性頭痛の鑑別が大切になります。頭痛がひどくて生活に支障が出る方は、まず 病院で検査をお勧め致します。

 

代表的なものを取り上げました。当てはまるものがありましたでしょうか?

慢性疾患で言えることですが、症状が起こりやすい傾向性、条件因子などをご自身で把握すことが症状を出現させない、悪化させないことに繋がります。余裕があれば、ご自身の生活を振り返ることも大切かもしれませんね。

      

男性不妊鍼灸のEBM

お疲れ様です。金澤です。

神戸東洋医学研究会のHPページから引用させて頂きました。

男性不妊鍼灸のEBM(根拠に基づく医療)

http://kobeemf.com/2018/07/20/post-11511/

不妊治療は女性が受けるものと、まだまだ思われがちかと思われます。

当院でも数名ではありますが身体のメンテナンスと共に治療されている方はおります。

もし興味、不妊治療中である方はご参照していただけたらと思います。

暑さ寒さの感受性

お疲れ様です。金澤です。

だいぶ日が落ちる時間が早くなってきましたね〜

日が落ちるのが早いと、時間が早く過ぎてしまったのではないかと錯覚してしまいます。笑

日が落ちる時間が早くなるのと比例し気温も下がってますね。

寒がりの私はなるべく寒くならないように一枚多めに着て外に出ます。小学生の時は半袖短パンだったのに今は寒がりです????????

ここ数日通勤していて思ったことは、半袖の人もいれば、ダウンジャケットを着ている人います????????

職業柄、痛みやお灸・鍼などの感受性のことを気にしてはいましたが、気温も同じで人によって感じ方は違うのだと改めて思いました。

おしまい子エケベリア.png

寒くなってきました

お疲れ様です。金澤です。

だいぶ朝晩は冷えてきましたね!?????C???i?????j

今週初めくらいから、さくら堂は暖房器具を使って部屋の中を温めるようにしています。

患者さんの身体を触ると冷えている部分が多くなってきている印象です。気温が下がっているので当たり前ではありますが…?????`?i???_???????j

冷えると機能低下しやすいですし、機能低下すると身体の反応として冷えることがあります。

極端に温めることはしなくて良いと思うのですが冷えないように気をつけてください。

さくら堂の特製煎りぬかのホットパックも在庫ございます!

欲しい方はスタッフにお申し付けください!!

ヌカパック.JPG

肝主疏泄その4

お疲れ様です。金澤です。

肝主疏泄シリーズも最後になります!

肝は疏泄を主る

肝主疏泄その2

肝主疏泄その3

 

前回のブログでは簡単ではありますが症状を書いてみました。

筋肉系では収縮・脹感、精神系では感情の不安定、消化器、婦人科系では順調性や規律性の失調など。

これらは以前にも書いた”本人が不快に感じること”によって疏泄失調が起きやすいです。

不快に感じる中でも、精神的に感じるストレスが疏泄失調に影響されやすい傾向です。

抽象的な事しか言えませんが焦り、緊張、嫌悪、プレッシャーなどが挙げられます。

この精神的なストレスを忘れられる切り替えられる方は良いのですが、溜めてしまう引きずってしまう方は厄介ですよね〜???????i?????j

よく言われるのがストレスは発散しましょうね〜と、たぶん発散し方がわからない方もいらっしゃるのだと思います。自分自身に合った発散方法を見つける為にトライし続けてみるしかないですね!

僕はベタですが、ランニングと筋トレで思考できない状態を作りあげてしまいます。

もともとはストレス発散方法で取り入れたものではなく夏にビール飲みすぎた身体を絞ろうとしたのがきっかけです!笑?????`?i???_???????j

各々、発散方法は違うと思うので色々試して合う方法を見つけてください。

肝主疏泄シリーズはおしまいです。ありがとうございました?????C???i?????j子エケベリア.png

肝主疏泄その3

お疲れ様です。金澤です。

肝は疏泄を主るシリーズ、3回目になります????????

肝は疏泄を主る  ←前々回ブログ

肝主疏泄その2  ←前回ブログ

 

前回は”外界からのストレス刺激によって不快に感じ、気持ちがよくない状態”が肝の疏泄失調を起こす要素として挙げました。

この疏泄失調が起こると、どのような症状が現れるか?

他の病理もそうなのですが、多すぎて特定の症状を伝えることができません。簡単にではありますが疏泄失調で現れやすいものを書いてみたいと思います。

筋肉系

背中の張り感、肩を上が挙がってしまう、噛み締めなど

精神系

イライラ感、焦躁感、猜疑心、憂鬱感

腸管系

お腹の張り、頻尿、精神性の下痢

婦人科

生理周期の長短、排卵時のずれ、生理痛

など色々書くと切りがありません。ここで勘弁してください(´・ω・)

これも疏泄失調の時間経過でも症状が変わってくるので説明するのが厄介ですよね(´・ω・)

こんなことがあるんだ!くらいに見て頂けたら幸いです!

次回で肝主疏泄シリーズは最後になると思います!

お譲りします。

おはようございます。金澤です。

今日はこのブログを見て下さっている方に特典がございます!

楽しみですよね〜???[???i?????????j???[???i?????????j

それはなんと!さくら堂の前にある多肉植物のエケベリアをお譲りいたします?????????i?V?????j

欲しい方はスタッフにお申しつけください!

数に限りがありますので欲しい方はお早めに〜

 

興味ない方は意味のない情報だったかもしれませんね????????

子エケベリア.png  

肝主疏泄その2

お疲れ様です。金澤です。

前回の肝の疏泄についての続きになります。

前回のブログを見ていない方は、チェックした方が分かりやすいと思います。

 


肝は疏泄を主る ←前回ブログ

 

疏泄失調を起こす要素として”本人が不快に感じること”と書きました。

この不快とは人それぞれ感じ方が違うので具体的には言えるものではないのですが、外界からのストレス刺激になります。なるべくわかりやすく書いてみたいと思います。

まず”快”とは気持ちがよいこと。否定の”不”がつくので気持ちがよくなく、のびのびできていないことになります。つまり外界のストレス刺激により気持ちがよくない状態ができてしまうと肝の疏泄失調を起こしやすくなります。この時にイライラ感、怒りっぽい、憂鬱感、焦燥感、猜疑心などの精神症状が現れやすくなります。正確にいえばイライラしやすくなる、怒りの沸点が低くなる、気分が晴れにくくなるなどが適切かもしれません。普段は気にしないことが気になるなど。そして攻撃性がある場合は近しい他者に向けられることが多いような印象です。笑

攻撃性といっても殴る蹴るとかではなく、相手に向かう言葉や態度の事を指します。

攻撃性があるかどうかは身体の虚実や対人関係などによって変わるので一概にはいえないですが参考までに…

 

これまた長くなりそうなので次回に続きます!素直な身体.jpg    

肝は疏泄を主る

お疲れ様です。金澤です。

最近ブログがアップできていませんでした。すみませんでした(´・ω・)

顔文字の使い方がわからないので使い方が間違っていたらすみません。でも使ってみたいんです!

さてさて、今日のお題は肝の疏泄(そせつ)についてです('ω')

東洋医学でいう肝とは現代医学的な肝臓の働きと違います。現代医学的な肝臓のイメージとリンクする部分もあるのですが、わけて考えて頂いた方が分かりやすいと思います。

今回は肝の生理作用の”疏泄を主る”とはどんな事だろう?簡単にご説明したいと思います。

肝の疏泄とは

1、肝には全身に気を巡らせる働きがある。

肝の疏泄で全身に気を運行させている。肝の疏泄が失調すると気の流れが停滞し、気の停滞病理が表れやすくなる。

2、精神状態を安定させる

肝は常にのびのびとし気持ちのよい状態を好む。肝の疏泄が正常であれば全身の気が巡りが順調で感情が安定し正しい判断ができる。

 

この疏泄の役割は上記した2つの役割が主になってきます。

疏泄が上手く働かない状態を疏泄失調と言い、身体的には気の停滞病理、機能的な部分では順調性に欠け、精神的には感情の不安定性が出現しやすくなってきます。

この疏泄失調が起こる現象のポイントは”本人が不快と感じること”とでも言いましょうか…一般的にいうストレスの類によるもので起こりやすいです。

少し長くなりそうなので1回目はここでおしまいにします!

次回、続きを書きたいと思います(´-ω-`)