チャングムの誓いから思う

 『チャングムの誓い』はいわば韓国版大河ドラマです。
 BSで毎週木曜日10:00:から連載中です。その後1チャンネル、TBSで再放送しました。

 鍼灸、漢方の話がふんだんに出てきます。『冬ソナ』を発火点とする一連の韓ドラブーム。中でも異彩を放つのが『大長今』(邦名:チャングムの誓い)である。
異彩といっても、歴史に残る医女を扱ったという点や儒教国家の有り様がよくわかるという意味でのことあり、人物構成はお決まりのパターンを踏襲する。基本の1人−2人−多数は変わらない。主役が医女ソ・チャングム、準主役は怨念抱くチェ一族の賢女グミョンと、二人が淡い恋心の抱く武官ミン・ジョンホの二人。その3人との関わりから様々な人物が登場するという設定である。
 いわば純愛的三角関係という視点なら『冬ソナ』と何ら変わらない構成であるが…。
                     〜〜 中略 〜〜
 チャングムの生き様、とくに医女としての成長過程は、我々臨床家に幾つかの教訓を示す。まずは医療人としての心構えを挙げよう。
 ドラマでは師匠チャンドクを通し『料理の失敗は後口の悪さで終わるが、医術の失敗は人の命に関わる』と言わせている。不覚にもテレビの前に座して腕組みをしながら反省している自分自身がいるではないか。これには我ながら驚いた。また即断即決も戒めも説く。
 才女チャングムはとかく頭の回転が早い。脈診と2,3の問診で証を割り出す。
 そのため、ややもすると患者の生活習慣や食生活などを、情報源という意味で疎んじる壁をもつ。この手の失敗は優秀な臨床家ほど陥りやすいものだ。電光石火も悪くはないが、一旦引いて検証する習慣も肝要と心得る。
  最後に名医シン教授の言葉を送ろう。
 「医療に携わる者は聡明な人より深みある人になりなさい」。医療人の本質ここにあり。
 韓ドラはただ者ではない(笑)

○医道の日本誌8月号《特集・夏のエッセイ》 で記載される文章に準じ たものです。

 

 

忙し過ぎる男性へ

 免疫の話しです。あまりに怠惰?な生活を送るとリンパ球が増え、過剰な免疫反応、つまりアレルギー反応を起こしやすくなります。逆にあまりに忙しい生活を送ると、これもまた問題を生じます。
 忙しいとは心が亡くなると書きます。忙しいことの最大の問題点は、ゆとりがなくなることだと
思って差し支えないでしょう。
 恥ずかしながら、自分の日常を振り返ると、夕方の7:30頃まで治療を行い、1時間ちょっと電車に乗り、それから夕食の買い出し、猫の世話と糞の掃除、その間に洗濯と食事の用意です。食後、入浴を済ませたら、大概夜中の1時を回ってしまいます。

さくら堂の休みの日は鍼灸専門学校の非常勤講師です。
これでは体が悲鳴を上げるでしょう。 このような環境で、さしたる大病もしないのは、3つのことに気をつけているか らです。
(1)1日決算主義
   なるべくその日のことは、その日で片づけ、翌日に持ち込まないということで す。
   要は溜めない工夫です。
(2)体操を生活の中に
  運動は軽度のストレス発散に有効な手段です。とはいっても、ジムに通う時間も
  ありませんので、なるべくトイレや入浴中などに適度な体操をするようにします。
  生活の中の切れ目切れ目に運動を取り入れるわけです。
(3)追われるから追うへ
  とくに男性に聞いてほしいのですが、男性ホルモンは『追うホルモン』と言われて います。
  狩猟で獣を追ってきた歴史をもつ男性は、主体的に何かを追ってかけていると、免疫力が上がるものなのです。つまり小さな目標を持ちます。くだらない目標ですが、結構良い結果がついてきます。
  日頃の仕事などで『追われている』から『主体的に追う』という意識に変えて行 きます。
 以上の3つを心掛けるだけでもかなり楽な日常が送れます。

 

 

不安とは

 最近とみに不安感を抱える患者さんが増えています。ひどくなれば「・・・神経症」という病名がつくのでしょうが・・・・。
 ◯映像不安
 台風が一段落したと思ったら、今度は地震です。
 皆さんの心のなかに、少しずつ地球が壊れてきている、という思いがあるのではないでしょうか。
 毎日メデイアを通じて辛い映像を見せられると、直接に被害がなくとも、心のなかにその映像がおりのように溜まってきます。たとえば大地震など体験すると、肉体的に被害がなかった人でも、その後に眠れなかったり、動悸が止まらなかったりします。
 映像はある意味で疑似体験をすることにつながります。
 ○競争不安
 「ハンディキヤップは隠さなければいけない」。
 これが、悲しいかな競争社会のコンセンサスです。心はいつも何かに追い立てられるように不安だけど、そのことを公にすると、競争社会では除外されます。
 そこで無理にから元気を装うため、ますます心がしんどくなります。
 不安感をわるいもの、良くないものと捉えると、心にハンディキャップを背負った状態になるのです。それを他人に気取られないように元気を装うわけです。
 心と体がバラバラの方向を向いてしまいます。
 ○睡眠習慣
 12時前に寝ると寝ないでは免疫力に差が出るといいます。
 現代は、過去のどの時代より、最も遅くまで起きている習慣が定着しているようです(日本の話ですが・・・・?????????`?i?????????j


 家に帰れば映像から不安を煽る要素を取り入れ、寝不足のまま重い体を引きずり会社に向かいます。そして競争社会の荒波のなかで、から元気を出せば、体はヘトヘ ト、ヘロヘロになり、不安が不安を呼び込む心理状態に追い込まれて行きます。
○僕なら患者さんには、『不安感は体と心を見つめ直す警告反応ですよ』といいます。警告反応ですから 《いいわるい》 で語ることはできません。隠すと体内に深く入るだけです。と、付け加えます。そして鍼で気と血を十分補い、体への影響は排除します。
 不安は笑うことと同じようにただの反応なのです。決して、いけないものと考えないで下さい。御願いします。

 

寝不足には神門

 長い夏休みを頂いておりました。今回はアテネ五輪を総括します。
史上タイに並ぶ金メダルを獲得した今回の五輪の原因はどこにあったのでしょうか?
 1−高温多湿が幸いした
  たとえば競泳を例に取ると、屋外であったこともあり、水温が少し高くなっていたそうです。これにより日本選手は国内と似た環境が整備されました。
 2−性質も新人類
  北島康介選手に代表されるようにプレッシャーを楽しむような選手が多いように見受けられました。元来日本人は他国の人と比べ消化機能が劣ると言われています。

  これを東洋医学では脾気虚(ひききょ)と呼びます。脾気虚の人の特徴的性質は、良く言えば協調性があり、悪く言えば優柔不断といえるでしょう。それゆえ、他人の眼を非常に意識します。これがプレッシャーにつながるわけです。
 かつてソウルで瀬古利彦選手が腹痛を起こし、増田明美選手が一過性の精神アンバランスを来したのは有名な話です。  北島選手に代表されるヤングパワーはプレッシャーをエネルギーに変えるところがあります。いい意味で個人主義をもつ若者が育ちつつあります。 五輪期間中かなりの人がアテネ時間で過ごし寝不足を強いられました。寝不足が続くと血虚(けっきょ)の状態になります。目がかすんだり、足がつったりします。そ して今度は寝つきが悪くなります。つまり、寝不足で血虚になり、血虚で寝られなくなるわけです。
  手首の手のひら側のしわの上で、小指の外側を下ったところの交点(神門:しんもん)にでも千年灸を1日2〜3回据えて下さい。

 

 

 

猫の肝気鬱(かんきうつ)

 我が家には2匹の猫がいる。
 この2人(2猫)、年格好がほぼ同じうえに非常に仲が悪い。日々喧嘩で明け暮れる。そのうち長男(先から居た方)の動作がカクカクしてきた。どうやら縄張りを割譲せざるを得なくなったことで、ストレスを溜めたらしい。
 養老孟司氏にいわせると動物も人も脳をを除けば、ほぼ同じ構造をもつという。ならば人に起こることは猫にも 起こり得るだろう。
 一般に人がストレスを溜めると、筋肉が緊張し硬くなってくる。肩こりなどが代表的。さらに悪化すると流れるような動き、つまり筋肉の連動運動に支障を来す。
 要は、ぎこちない動きに変化し、ぶっかったり転んだりする。これを東洋医学では「肝気 鬱(かんきうつ)」と呼ぶ。
 ・・・この猫には毎日背骨の脇を中心に30分ほどマッサージをした。だいぶ んカクカクとした動きが改善される。もちろんお代は頂いてはいない。むしろドライの餌からモンプチに代えているので出費がかさむ(笑)。でも、とても気持ち良さそう。
 肝気鬱を避けるには、頭の中を「気持ちよく」することと、「肯定的」な行動をとることである。自分が取った行動に否定的になっては、迷いが生じ、責任も取れない。頭の中は否定的な行動を後悔し、そのことに囚われてしまう。
 身近の「さっぱりした人」の行動パターンを学習し、肝気鬱を避けたいものである。
学習できるかどかが人と動物の違いではなかろうか。