夏の雪山

 ニュージーランド・マウンテンクック

nw2.jpg

ニュージーランド最高峰マウンテン、クック。

富士山に似るその美しさには、それはもうひれ伏すしかない。数年前の夏

に行ったの だが、草木の生い茂った草原から万年雪の頂を望むなど、そ

れだけでも極楽の世界だ。あまりの美しさにとろけていましそう。


nw1.jpg 

あたりまえだけども、歩けど歩けど、なかなか麓まで辿り着かない。 それがまた面白い。途中に小川があり、小山がある。妙に大きな岩もある。湖畔は深いグリーンで神秘的。この感覚は久し

ぶり、もしかして初めてかもしれない。


nw3.jpg途中かわいい猫を発見する。飼い猫でもあるまいが、体重5〜6`はあ

る。人なつっこく、30分ほどマッサージをしてあげる。もちろん免許(国家

資格:按摩マッサージ指圧師)持ちである。

 


知っての通り、この国は人より羊の数が多いと言われる。本当に人が少ない。

隣のオーストラリアと比較され「地下のオージー、地上のニュージー」と呼ぶことがある。

これはオーストラリアには石炭などの地下資源が多いのに対して、ニュージーランドには羊を筆頭に豊富な農産物が取れるという意味である。
nw4.jpg車で走ると、道路にポッサム(袋きつね)という小動物の死骸がある。本来オーストラリアか ら輸入したものが、爆発的に増加したものらしい。夜行性動物であり、車のライトを見ると固まって動けなくなるらしい。これが高級セーターなどに化ける。

雄大な自然を目の当たりにすると、人はおおらかなになる見本のような国であった。