鍼灸に向いている疾患

全部は書けませんが一部だけもご紹介します。当院で多い疾患、症状はサイドバーに記載しております。

 ○ 自律神経系

・目眩 (病院と併用、病院で原因が特定できない患者さんが多い、五臓の変調を整えます)

・ストレス イライラ 不安感 (鍼灸は精神の安定に向いています。ゆっくり治療を味わってください)

・不眠 (身体や首が軽くなり眠りを誘ってくれます、肝、心の調整が多いです)

・冷えのぼせ (気血のバランスを回復する治療が主体です。血オも少なくありません)

・ 動悸 (心肺を調整する鍼が効果的)

・疲労倦怠 (目覚めが違ってきます。気血を補うことが多いです)

・喉の違和感 (ストレスと乾燥が2大原因。疏肝、潤肺の鍼が効果的です)

・頭痛 (急性、慢性を問わず、全患者の1割が頭痛です)

・頻尿 (夜間尿2回、昼間15回以上なら頻尿です、腎の強化が必要です。精神的なこと起こる場合もあります)

・耳鳴り (老化とストレスが2大原因です。補腎、疏肝の鍼灸が効果的です) 

・過換気症候群 (ストレスが主因、肝と肺を調整するの鍼灸が効果的)

・ED (長期計画で治療を進めます。疏肝、補腎、清利湿熱の鍼灸併用します)


 

 

 

○ホルモン系

・不妊症 (補腎、疏肝、活血などを組み合わせ、活き活きした子宮の回復を図ります。週1回の

定期治療となります。注:ホルモン値の検査結果や基礎体温表があればお持ちください

・更年期障害 (気血のバランスを図ってゆきます。腎陰を補う治療が主体です。週1回の定期治療となります)

・過食(過剰なストレス、神経症の一部と捉えます。中医では肝の病理と捉えるケースが多い)

生理不順 生理痛 (問診、脈状、舌状から子宮の状態を把握し、適切な治療を組み合わせます。腺筋症(内膜症のひとつ)や子宮筋腫の方もかなりおられます)

・乳腺炎(年に数例診ております。肝、心の病理が多いですね) 

・子宮内膜症(腹膜、ダグラス窩、子宮筋層内、卵巣など病変部の違いで取る経穴がかわりますが、大半の病理は子宮の血オです。) 

・妊婦の諸症状  

 

○消化器系

 

・便秘 

・胃弱 

・腹痛 

・胸やけ 

・悪心 

・食欲不振 

・痔 

・口内異常

 

○呼吸器系

・咳 

 ・喘息 

・小児喘息 

・息切れ 

・咽痛 

 

○加齢・過労によるもの

・腰痛 

・膝痛 

・足底痛 ・耳鳴り ・夜尿症 

・尿失禁

尿漏れ 


○アレルギーによるもの

・アトピー性皮膚炎 

・アレルギー性鼻炎 

・アレルギー性喘息 

・花粉症子供の病気おねしょ 

・夜泣き

 

○その他 の適応疾患

・座骨神経痛 

・ぎっくり腰 

・寝違え 

・慢性疲労 

・五十肩  

・肩凝り 

・卒中後遺症 

・頭痛 

・視力減退 

・頸椎症 

・胸痛  

・陰部神経痛