孔子様と御対面

 中国.青島〜泰山〜曲阜

aoshima1.jpg

山東省は初めてである。JALマイルを利用し、直行便で青島まで飛ぶ。

青島〜泰山〜曲阜を周り、孔廟で亡き孔子様にご挨拶を済ませた。道家を支持する身でありながら、儒祖を敬うのかとお叱りを受けそうだが、そんなつまらないことは気にしない。敬意に思想を持ち込むなどは愚か者の所業だ。

 青島は山東省第2の都会である。田舎の地方都市と聞いていたが、7百万の人々の住処だ。視界に海の広がる空気好(kongqihao)の街でもある。ドイツの旧租界地が現存するため、居ながらにしてドイツを感じられるというお得感もある。ちなみに青島が中国ビールに一大拠点(青島ビール)となったのは、ドイツの影響もある。

 泰山は知っての通り中国・五山中のひとつ、東方の名山で、寿命を司る神様が住んでおられる。歴代皇帝の庇護も厚い。「安泰」の泰の字は泰山の泰である。シンプルに言えば超がつくほど神聖な山である。

 とかく石段が凄い。かなりの急勾配で、2時間はかかるだろうか?『脚に震えを感じたい』と切に願う人は是非にお試しあれ。途中の店で売る倍値の西瓜が媚薬に思えてくる。

aoshima2.jpg いよいよ孔子様とご対面である。まず側近の子貢様にご挨拶を済ませ後、孔子様と対面する。すこしドキドキする…、当然だが…千の風になった孔子様は何もお答えにならない…。ただただ清々しい感覚を与えてくださった。感謝、感謝、これで十分だ。

 理由なき幸福感、これが大事だと、今は思う。幸福に理由があれば、失うと不幸になるから・・・・・

 帰りの青島行きの列車で色々と考える。新幹線「こだま」仕様?V????の列車で4時間ほどで青島に着く。着いた先が大阪だったらどうしよう?????i?{???????j?ありえない

 若い頃、陰陽思想や中庸思想に惹かれる。

 日々悶々とする人の性ではなく、「陽の直線的な思考と陰の包括的思考を併せ持つ」人という存在に魅力を感じ、思想的繋がりから中医鍼灸を志す。

 24歳、上海・外灘のガーデン・ブリッジの上であった。

 時が過ぎ、自分自身がいつの間にかこのような視点を失ってしまったようだ。

 昨今の世相は、陰陽の調和の乱れが甚だしい。陽的直線思考が強すぎる。戦時中でもないのに陽実証社会の到来か?と思いたくもなる。目に見えない形での慢性的戦争が続いているという表現がマッチするような気がしないでもない。

 陽的直線思考は右肩上がりのグラフのような社会を構築する。上昇志向に繋がるが、どこまで行っても、さらに上があり、不安・焦燥感・苛立ちが絶えない。

 このような社会では、自身の立ち位置を過去の実績に置く、エゴの強い、勝負論にこだわる人間を形成しやすい。勝ち組・負け組などという言葉がまかり通るのは、その象徴である。

 国民を不安状態に置くほど、為政者にとって都合の良いものはない。政府から国有地を払い下げられた新聞社や、無意味な広告をもらい続けるテレビ局を使い、見え透いた正義を説けば、民の操作などいとも容易い。

 逆に、冷静で少々では動じない国民が増えれば、ウソが通じなくなり一大事となる。政府高官、高級官僚、GS幹部はさぞ困るのではなかろうか?それには陰的包括思想を思い出すしかない。

 陰的包括思想の基本は包み込みの視点である。出産直後の女性が始めてみせる母の顔に似る。

 相手を思いやる優しさ、美しさを賛美する眼、より実体を大事にする視点などがそれである。少し前の「もったいない思想」もこの範疇だろう。自然を愛でる意識もこれに連なる。より実体を大事にするので、人の肩書き・実績より優しさに価値を見出すだろう。

 鍼灸院には陽的直線思考に疲れ果てた人が多数来院する。個々の臨床家が目の前の患者に集中しつつ、陰的包み込みを実践するなら、孔子様も微笑んでくれるだろう。やっと初心に帰る日が来た気がする。

越国の名残り漂う街

 ベトナム・ホイアン

ベトナム.jpgベトナムは、越人が南下して建てた国である。当然、至る処に中国南方文化の香りが漂う。

ホイアンは南越風の建造物がそのまま残ったような街であり、貿易都市であるため、商家が多い。縦長の家で、塀を囲むように中庭がある。つまり、建物は間口が狭く、奥行きが広い、これも中国南方の商家を見るようだ。お寺も南方中国の道教寺院と変わらない。

家が川沿いに立ち並び、船で荷を運べる作りになっている?D

16〜17世紀には日本人街も作られ、1000人を超す日本人が住んでいた。

街中の安宿で3日ほど、滞在したが、規模はが思った以上に小さく、1日あれば十分である。郊外にはミーソン遺跡があり、半日で往復できる。

食事をすると中国南方の味。 市場に出向いたが、かなり安く、おばちゃんは優しい。

ジーパンの裾上げをするミシンは、昔母親が使っていた足踏みタイプ。

ホイアンを含め、ベトナムは2度ほどお邪魔した。

ホーチミンは小回りがきき、食べ物もおいしい。意外にアイスクリームが絶妙の味である。

ハノイは大きすぎて動きづらい。

ハーロン湾は天気次第。 雨、霧ならガッカリ。

メコン.jpgメコン川はなかなか味がある。程よい大きさで、小船で繰り出すと気持ちが良い。中州の小島で初めてドラゴンフルーツを食べる。

ベトナムのどこの街でも同じだが、バイクがただただ多すぎる。50ccで、3列縦隊、3人乗りは当たり前。

よく見ると、皆バックミラーを外してある。ミラーが隣のバイクと接触し、事故るからである。

隠れていた帝国

 カンボジア・アンコールワット

 

カンブジア.jpg カンボジアと日本の間では直行便がない。したがって通常はタイ経由かベトナム経由で入る。 今回はホーチミン経由でプノンペンに、プノンペンからアンコールワットのあるシェムリアップに入った。

 ここの空港は2つの点で凄い。待合室がないのだ。隣の軽喫茶で珈琲を飲み5$取られる。また普通、空港には荷物が出てくるベルトコンベアーが必ずある(正式名称は知らない)。それがないのだ。台車に載せた荷物を数十人がかりで、一気呵成に押してくる。手で荷物を持ち走ってくる人もいる。
ka1.jpgアンコールワットはアジアの一級品の世界遺産である。その保存状態が極めてよい。この辺の土地は数年ほっておくと、草木がうっそうと茂り、十数年でジャングル化するため、人の侵入を防ぐ。つまり伝承では残っても、容易に視覚から消えてしまうのである。

 その彫刻美の繊細、かつ大胆な構図は古代の人の生活を想起させるに十分な迫力をもつ。
「水を制する者は支配者となる」の格言どおり、クメール王朝の灌漑技術は相当に高かったようだ。またその湖面がアンコールワットを照らすと、本当に綺麗だ。桃源郷の世界に変わる。
ka2.jpgいたるところで小学生くらいの子供たちがガイドで生活費を稼いでいる。学校に通える子が少なく、というかほとんどの子が学校に行かず、アンコールワットで遊びながらバイトしている感じである。外国人相手に耳で憶えた言葉なので、発音が極めて綺麗。日本語、英語、フランス語、イタリア語など、バイリンチルドレンが多数いる。 その屈託のない明るさに、世界一若者が多いといわれるこの国の未来を感じざるを得ない。

仙家思想を具現化した山

 中国・黄山

  

黄山IMG.jpg

 この山に登ったのは、25年前のことである。鍼灸学校の友人と二人で、タイ ???s?@ 香港 ?D 上海 ?o?X 黄山というルートを取る。

香港に寄りたくなかったが、当時は自由旅行で中国に入るには、香港でビザを取らなければならなかった。香港で泊まったドミトリーは1000円ほどで、鉄格子の2重ドアだったのを記憶している。ネーザンロード付近にあり、近くの東京銀行で日本の新聞を読み漁ってものだ。

上海から黄山までは、乗り合いバス。前の席のおばちゃんが鶏肉の片を上から吊るしたので、目の前で鶏肉がゆらゆら揺れている。省が変わると、全員の身分チェックが始まり、ドキドキした。

麓から5時間ほどで頂上付近のホテルに辿り着く。道がかなり狭いところもあり、しかも安全のためのロープが切れている。 高所恐怖症の自分にはかなりの難関だ。

風邪が吹くと、視界に山水画の世界が広がり、数分後には霧で視界ゼロになる。本当に不思議な山だ。『ここに登り修行し仙人になる』というが、この視界では大半が滑り落ち死んだに違いない。

当時は外人が少なく、麓のゲーセンでインペーダーゲームをやっていると、5,6人の中国人が集まり、ワイワイガヤガヤ(中国語が良くわからない)。途中手を出す輩もいる。

ホテルでも料金が5元、食事が4元、二日滞在したが、18元しかかからない。当時のレートで200円くらい。本当に安かった。成田を出て、正味一ヶ月くらの旅行だったが、中国国内では数万円の出費で終わったと記憶する。