坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰骨の間からお尻の奥、もも裏、ふくらはぎのラインを走行する神経を言います。

坐骨神経痛は坐骨神経が走行する部分の痛みのことを言います。状態によっては、ももの外側、膝の外側から外くるぶし、すねの方に痛み痺れがでる方もいらっしゃいます。

 

坐骨神経に痛みが出る原因として以下のようなことが考えられます。

@    神経が何らか影響で過敏になること

A    神経の通り道が圧迫や狭小したこと

大きく分けるとこのようなになります。

 

坐骨神経痛を引き起こす病気としては第一に整形外科の疾患を挙げることができます

腰部脊柱管狭窄症、腰部椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、側弯症など

 

整形外科疾患以外にも坐骨神経痛を引き起こす病気があるので、まずは病院での検査、画像診断をすることはお勧め致します。

 

治療としては

まずは坐骨神経の痛み痺れが起こす(圧迫や狭小部分)場所を問診、動作確認でおおよそ把握します。痺れ痛みを起こす原因として概ね3つに分けられます。

腰の問題

お尻の問題

腰やお尻に原因を作る他の問題

 例えば、寝不足、寒さ、気圧、湿度、飲酒、疲労など

 

に関していえば、人によって坐骨神経痛が出る前の状況が変わってきます。傾向性の把握が症状を良くする、もしくはツボを選ぶ基準になります。

 

上記の〜で神経痛を引き起こす問題を叩く、これに尽きます。

臨床で診る限り単体のものは少なく複数のものによって神経痛を出している方が多いように感じます。

 

急性の神経痛はもちろん、慢性的でたまに神経痛が出てくる人も早めの処置をお勧め致します。何か症状のことでご質問等ございましたらメール、電話でお受けいたします。