タイプ別の胃痛

R1,6/13

東洋医学視点の疾患タイプ別シリーズを書いていきます。

今回は「胃痛」です。

 

胃痛、または胃かん痛と呼び、胃部の疼痛が主要の症状である。

胃痛の原因は外からの冷え、生もの冷えなどを好んで食べる、思い悩みや怒りなどの感情によって胃に流れる気が滞り不通になる強い痛みのタイプと、脾胃(消化器)の力が長期間落ちると胃を栄養できずに弱く痛むタイプに大きく分けられる。

 

タイプ分類

実証型(余剰型)

・胃痛が強烈で温めると痛みが軽減するタイプは→冷えに由来する胃痛

・張って痛み、げっぷや便が腐ったような臭いがするタイプ→消化不良に由来する胃痛

・痛みが針に刺されるが如し?キリキリ痛むタイプ→ストレス性に由来する胃痛

実証の他症状

口渇、消化不良や食欲不振、便秘を兼ねることが多い

 

虚証(パワー不足)

胃の痛みは弱く痛み、温めることや、さすることなどを好む。空腹時に痛みが出現しやすく食事をとると痛みは落ちる。

胃の保湿機能が落ちている方は胃部に焼灼感を伴うこともある。

虚証の他症状

足や手が冷え寒さを嫌う、力が入らない、ドロドロ便、食欲不振

 

 

タイプによって使うツボは変わってくるのですが、主穴は足三里や内関、腹部の穴を使うことが多いように感じます。胃痛はよくみる疾患になります。

これからの時期は実証、特に生ものや冷たいもの等の胃痛タイプが多くなるので注意しながら生活してみてください。